美まし国、ToA.

れんがノートと書評と日誌で高額オファー(?)を待つサイト。

サイト説明

  1. れんがのーと
    • 古の賢しき人の言霊が
      世知辛きこのご時世に蘇り
      五七五詩に吟じて悦に入る(by SINGO)
    • 前の人の下の句に合わせ5・7・5の詩を詠んで下さい。
    • お気軽にどうぞ。
  2. 書評 書評のRSS配信
    • というか、文庫本を読んだメモ
    • 概ねフィクション
    • 書評にある好きな作品:夏のロケット(川端裕人)、墓地を見おろす家(小池真理子)、戦国自衛隊(半村良)、逃亡(帚木蓬生)、陽気なギャングが地球を回す(伊坂幸太郎)
    • 好きな作家:船戸与一、帚木蓬生、伊坂幸太郎、塩野七生、スティーブン.キング、ライマン.F.ボーム(書評にはない)
    • さけがち:海外物、SF、ライトノベル、叙述トリック(わかっていれば絶対買わない)
    • 著者別の一覧
  3. 日誌 日誌のRSS配信
    • 日々の「ない」ことないことを面白おかしく書くところ(ナナメ1/2傾向)
    • 映画、DVD、TV鑑賞
    • 写真。デジ一眼(EOS 30D,EOS KISS DIGITAL(ロシアンファーム),DK-17M MEA-17KD装着,EF 70-300mm 4.5-5.6 DO IS USM,EF 24-105mm 1:4 L IS USM,EF 70-300mm 1:4.5-5.6 DO IS USM,EF 50mm 1:1.4,SIGMA DC 18-50mm 1:2.8EX)、Cybershot DSC-T9
    • OQO model 01
    • W-ZERO3
    • Firefox
  4. 創作劇場
    • ショート!ショート!ショート!
    • ナンパメール …… 彼女いない暦の更新を防ぐために山崎が思いついた事は、一番に届いたメールの相手に告白をする作戦だった。
    • 月夜の一人歩き …… オカルトものの短編集。
  5. Tips

最近のこと

ニュースクリップ

情報はありません。

書評 新・雨月 ★★★★ 2013年03月31日(日曜日)

新・雨月 上

船戸与一著 徳間書店

720円 2013年01月 ISBN9784198936488

新・雨月 中

船戸与一著 徳間書店

670円 2013年01月 ISBN9784198936495

新・雨月 下

船戸与一著 徳間書店

680円 2013年01月 ISBN9784198936501

慶応四年、西軍・長州藩の間諜・物部春介は修験僧に扮していた。木戸孝允から新発田藩での一揆使嗾の命を受けて、成功。次に武器商人スネル兄弟経営の商館を潰すための新潟へ。長岡の元博徒・布袋の寅蔵は、家老の河井継之助に信服して組を解散。以降、継之助のために動いている。会津藩政務担当家老・梶原平馬は、奥羽越列藩同盟結成を機に、北方政権樹立を夢みる……。

六月、会津城下に輪王寺宮公現法親王が到着。しかし、西軍に奪われた白河口奪回は膠着状態にあった。西軍側は伊地知正治と共同で指揮をとるため土佐の板垣退助が加わった。奥羽越列藩同盟軍による白河の小峰城奪回の総攻撃は八回とも失敗。長岡城を奪還したものの、負傷した越後の蒼龍・河井継之助は斃れ、秋田久保田藩が西軍側に寝返り、三春藩も裏切った。奥羽越列藩同盟の瓦解が始まった。

西軍、薩摩には西郷吉之助が戦略を立てて、伊地知正治に戦術を任せた。長州は大村益次郎が戦略を立て、山県狂介に実戦を指揮させた。一方の奥羽越列藩同盟、会津の佐川官兵衛は戦場では猛将だが、戦況を変える力はない。そして土方歳三は局地戦には強い、戦略なき戦術家だった。……冒険小説を牽引してきた船戸与一が独自の史観で日本近世史に真っ向から取り組んだ渾身の巨篇!

読む前は奥羽越列藩同盟は何もかもが西軍に劣り負けたのではないかと考えていたが、少なくとも……と書き始めるとたらればの話となるので、まあ、負けていたのだろうな。

他の書評を読む

日誌 すっきりしねぇ! 2017年08月20日(日曜日)

艦これ、夏イベに参戦。

E7甲で、なんとか半分削ることができた。

そして、丸一日やってボスに到達できたのが3回到達で、T字振り2回、反航戦が1回、削れたHPは87……、どないせぇっちゅうねん!

完全に心が折れたあと、乙に変更して出撃8回目で阿武隈が決めてあっさりクリア。

なんか、もやもやする。

他の日誌を読む