那須高原より栃木の地酒のおいしさをお届けします


天鷹(リキュール)
てんたか(天鷹酒造/大田原市)

蔵元紹介

「那須の地酒」といえばこれ、という人も多い地酒「天鷹」。
蔵は那須連山に降った雨水が伏流水となって湧き出る那須野が原の南端、 大田原市(旧湯津上村)蛭畑に位置しています。 創業大正3年、初代・元一が東京で問屋業をしておリ、 尾崎商店酒造部として始まったのが天鷹酒造の前身です。 酒名の「天鷹」は初代が京都の旅館に泊まったとき、 天空を悠然と舞う大鷹の姿を夢に見た事から名付けられました。 初代は「辛口でなけれぱ酒でない」という信念を持ち、 甘口全盛の時代にも頑として辛口酒一筋。 前社長も辛ロでしかも「つるりと入って飲み飽きしない淡麗辛口酒」を追求し、 「良い酒は良い原料から」と早くから全商品の高精白化(吟醸造り)を取り入れてきました。 現在の全国新酒鑑評会の前身、全国清酒品評会優等賞受賞をはじめ、 全国新酒鑑評会8年連続金賞受賞や関東信越国税局酒類鑑評会第一位入賞など、 数々の輝かしい成績を残しています。 近年では、有機米を使用し、有機特性を損なわないよう醸造された有機純米酒シリーズや、 蜂蜜を用いてミード(ハニーワイン)を醸造する等、新しい分野にも挑戦しています。 杜氏は南部の名杜氏、直町晃悦氏。


天鷹 商品紹介

  天鷹 純酒粕取焼酎仕込 本格梅酒



大田原市寺宿地区産の「白加賀」梅をふんだんに使い、 粕取焼酎仕込みの本格梅酒です。 ストレート、もしくはロックや炭酸割でお召し上がりください。

1・8L瓶  ¥3、000+税
720ml瓶 ¥1,500+税
 
注文する →(数量限定につき品切の際はご容赦下さい)



天鷹酒造の日本酒『天鷹』・『下野和醸』はこちら

天鷹酒造の焼酎はこちら

天鷹酒造のミードはこちら



トップへ

ホームへ