新しいサイトに移転し、このサイトは更新を止めています。
アドレスはhttp://katebushnews-j.blogspot.com/です。
自動的に新サイトに移動します。

UKアルバム・チャートでケイトが5位に

We can confirm that 50 Words For Snow has charted in the UK official album charts at no 5, as announced on BBC Radio 1, this is Kate’s 10th top 5 album, out of 11 releases.

As long time HomeGround reader Paul Thomas has pointed out, “this makes her the only female artist to have top 5 albums across 5 decades..70s, 80s, 90s, 00s and this new decade (whatever this decade is called..) – I am very proud to be a fan and so pleased she is still makimg exceptional music – and she hasn’t done any tv to promote the album; the record sales are down to her loyal fanbase and her reputation as the best and most original female artist of all time..shall I stop banging on about her now??

Big congratulations to Kate, Del and everyone else involved.

Dave, Krys, Peter and Sean. xxxx

Congratulations to Kate!

UPDATE: We hear that 50 Words has entered the German charts at #7, Netherlands Album chart at no. 10, and the Norweigen album chart at no. 18, Ireland at no.12, Belgium at no.27, Australia at no. 22 and Finland at no. 11. The album has entered the Billboard charts in the US at number 83 (and a number 7 entry in the US Independent album chart). More as we get them.

「音楽のビジョンでenthralled」: インターコスタル・クラヴィクル

8.5/10 from Ben at the sumptuously named Intercostal Clavicle:

It is a calmer, more intimate album than we have come to expect. Of course, intimate moments abound on Kate Bush’s earlier records, but here the dominant sound is piano with fewer embellishments than usual. The layered, spacious soundscapes are absent. This is to be listened to holed up indoors away from winter storms, chilling and warming by turns. The songs are all built around the concept of snow and the music softly echoes its magical fragility. We are never trapped Under Ice … Her voice is captivating, the production lush and meticulous, but I relish most the elements of play and surprise. The ideas are fully formed, the characters speaking as clearly as her Cathy in Wuthering Heights, but we are never sure what will happen next … In 50 Words for Snow, Kate Bush has produced hushed music which gleams in an icy hinterland. Like snow, it invites and unnerves, giving its gift quietly. I am enthralled by a musical vision which has yet to waver or disappoint. How lucky we are.”

「いまからの季節への美しく暖かなode」: オルタナティブ・レビュー

4 stars from Mathew French at The Alternative Review:

it strains the limits of belief to think that she’s still able after all of these years to churn out material worthy of note, let alone albums that challenge her heyday masterpieces. But lo and behold: 50 Words For Snow is just as focused, creative, and emotionally conscious as her best albums … Bush just refuses to fall victim to age. At 54 years old her vocals sound a bit burly, taking on a much deeper tone than that of her older wails, but they only helps to service 50 Words For Snow in a positive way. Her voice is very sentimental and comforting here, almost as if she’s singing to us from inside a log cabin in the middle of a dead, cold night ? clad in warm garments with a woollen cover draped over her by the fire as she recalls tales of love and loss. … Forsaking grandiosity in favor of snow-inflected landscapes, 50 Words For Snow is essentially Bush’s provocation for wintry surrealism. The songs have a slow, meditative tempo and revolve (mostly) around crisp piano, Bush’s warm vocals, and delicate percussion. More than anything though, 50 Words For Snow works well as something minimal; unlike other releases, Bush really fixates on the inclusion of negative space to make way for drafty ambiance. These songs aren’t aimless in their approach though: they sometimes burst into small sections of unadulterated bliss ? just enough to satisfy a craving for emotional fulfilment...”

「背筋に寒気を覚える魅力的な美」: マンク・レビュー

Donna Gorey at the Manc Review:

an album, whose narrative singing and enchanting concept, creates post-modernistic storytelling, reaffirming Kate as an original and experimental artist … a classic album, which nurtures the perpetual willo-the wisp spirit of Kate. Although it takes a few listens to completely appreciate the album, it thinks outside the box, containing a haunting beauty which sends chills down the spine. Its picturesque music, whose orchestral and stripped down acoustics, glide effortlessly across an intense, emotional backdrop. Like snow, on a hillside, “50 Words For Snow”, melts subtly revealing a lush core at its own organic pace.”

レコード産業の衰退に責任?

Martin Townsend in the Daily Express takes Kate to task for her remarks about the state of the record industry:

I like Kate Bush’s music but the interview she gave suggested some very muddled thinking. Bemoaning the “poor state” of the music industry she said that a lot of people who worked in it are “very depressed because record salesare really low” … During the early Noughties EMI, her record company, went through every variety of financial turmoil. How those struggling to keep the label viable would have loved the odd release from Kate to help them out ... After 30 years as a recording artist she has earned the right to do things at her own pace but that is not going to stop the record business dying and albums along with it.

「寡作だが充実したケイトのキャリアの中でも良作」: ダーティー・インパウンド

Album of the week from Ron Hart at Dirty Impound:

Though the album title sounds like something conjured up by a cocaine-obsessed rapper like Young Jeezy or Ghostface Killah for his next mixtape banger, it serves as a fitting description for the thematic direction of Kate’s label debut on the Anti- imprint. These seven epic compositions explore the sensual tundra of winter’s effects on the heart, mind and loins … There are indeed no words to truly describe the enchanting pulchritude of 50 Words for Snow, except for hailing it as the loveliest work of Kate’s sparse but uncompromising career.”

「失われたものは全て記憶に蘇る」: トロント・グローブ・アンド・メール

3/4 and ‘Disc of the Week’ from Robert Everett-Green in the Toronto Globe and Mail:

mundane personal experience has never been a big subject for Bush, who prefers situations where her imagination can run without stumbling over too much imposed reality. And why not? Shakespeare had no first-hand knowledge of Venice, Kafka never travelled to America and Jules Verne did not visit the moon. Someone else in her shoes might have made the snow and ice a backdrop for romantic scenarios … Bush prefers to engage with the stuff itself … Bush isn’t playing for laughs. She’s going for the big dead-of-night realization, that comes when the world’s asleep and everything that’s lost can return in imagination, close but unreachable … Bush’s music emulates a jazz piano trio at 3 a.m., without the jazz. It’s reflective and spacious … a few recurring cadences on her piano might have been imported from Arvo Part’s austere religious music. Most of the album has a hushed, night-world feeling to it … But her characteristic soprano yowl is hardly evident on this disc. To really like 50 Words for Snow, you’ve got to be keen on records that just simmer along, and that build a case through time and repetition. I find Bush’s repeated piano tunelets weak fuel for a song of eight or nine minutes, but I respect what she does otherwise, the guts and the focus and ? sometimes ? the lean beauty of it.”

「隠居用に完璧な島」: ザ・チューン

4/5 from Alex Hall at The Tune:

For an artist who has recorded for over 30 years, simply staying relevant is no slight feat. For Kate Bush relevancy is not an issue, because 50 Words for Snow molds her body of work just as effectively as some of her great ’80s albums. … and while she plays with the concept more subtly in some songs it is still always present. Snow is what unites this album when it threatens to dismantle itself … 50 Words for Snow finds the measure of its success in how well it can sustain that atmosphere … my appreciation of the album had less to do with the songwriting and more to do with its artistic situation. The listener cannot always be enveloped in a perfect world of falling snow, but for the times when nature would seem to beckon him to imagine it … this record transports him completely. The contrast between Bush’s dark, rich vocals and virginal snow is immense. To emphasize it more these recordings include young, high-range male voices, including Bush’s son Albert, who sings with the beauty only something as transitory as snow could represent … Piano dominates this album, which not only makes it a more gentle work but also helps Bush extend her “art rock” persona to jazz and classical music … That’s another thing: none of these tracks could exist by themselves, both because of the similarity of their content and their length. It’s a treat when an artist releases something so cohesive, because the listener’s only option is to sit down with the record and play it from top to bottom … In my mind 50 Words for Snow was an imagined concert after a long spell of looking out my window to see snow depopulating the streets and sidewalks … Something like this is so perfect now, because an album about snow translates well when there’s actual snow around. In passing time, when months get warmer and drier, I fear that this record may not mean as much. However, it could be that whatever the weather, 50 Words for Snow stands a perfect isle of seclusion, where one can always retreat to when the air gets too sticky or the music too loud.”

「テーマを捉えている」: レトロ/アクティブ

7/10 from Dan Retro/Active:

an interesting album. On one hand, there’s isn’t anything that blows you away, but for what it is aiming for, to be an album in the backdrop of snow, it nails the theme. But it’s also not the most exciting album, with a lack of contrast, and if you’re looking for a pop hit, I don’t know of any that clock over 6 minutes besides Bohemian Rhapsody. The album is solid though, and pleasant nonetheless.”

予報: eiderfalls の嵐に注意

Warren Clements in the Toronto Globe and Mail considers Kate’s wordplay on her new album:

How people describe snow ? printable, unprintable ? depends on how they view its arrival. They may turn for inspiration to singer-composer Kate Bush’s latest CD,50 Words for Snow, in which she offers 50 words for snow (including “snow”), apparently alluding to the ever-shifting assertion that the Inuit have 50 words for snow, or 100, or 140. But she devises her own words, which, as she told Jian Ghomeshi this week on CBC Radio’s Q, she asked actor Stephen Fry to recite in his mellifluous voice so they might carry an air of authority ….”

「いい曲はあるがだらだらとした奇妙さは埋められず」: ニュースデイ

Steve Knopper at Newsday:

a song about getting it on with a snowman … one of several jarring, unpredictable moments on veteran British singer-songwriter and pop experimentalist Kate Bush’s second album of 2011 … Frequently the spacey piano arrangements, stately backup choir and Elton John cameo … give these seven long songs a certain ethereal beauty. But the album contains too many interminable clunkers, like the repetitive eight-minute title track…”

「至上の歓び」: ハウル

ハウルでのオナー・クレメント・ヘイズ:

私はスティーブンの1000万人以上いるツイッターフォロワーの一人ですが、 彼がケイト・ブッシュの作品でレコーディングに入ったということを 発表した時にはスクープニュースを知ったような気がしたものです。 実際はそうではなかったのですが、とんでもない秘密を発見したように思いました。 私はこのアルバムを聴くと、同じような感覚を覚えます。 誰かの頭の中を、その人が思いにふけっている間に覗き見をしているような感じがします。 ケイトの音楽はいつも親密な感じがして、 耳元でささやいているような、自分のために歌ってくれているような感じがします。 … もう50歳を過ぎていますが、あの声はまだまだ子供っぽい遊び心にあふれていて、 ビーバー・アンド・チップマンクや何千という同類ばかり の時代に聴けるのはこの上ない歓びです。 Robber’s Veil. Ankle Breaker. Simmer Glisten. Deep and Hidden. Bad for Trains. Vanishing World. しばしの間、このアルバムに自分を委ねて、騒々しい実世界から解き放たれてリフレッシュさせてみてください。

「美しいが限りなくセルフパロディーのよう」: カルチュラル・デザート

ロバン・シンプソンはカルチュラル・デザートで:

若い頃からケイト・ブッシュの声に魅せられてきた私達にとっては、彼女が電話帳を読み上げているのを 聞いても幸せになれるだろう。 ニューアルバムはこれに近い … 静かで思索的な歌は、ほとんどが優雅なピアノのコードの伴奏で、 美しい作品でありいたずらっぽく流れてゆくが、 セルフパロディーのようでもある。 … これはフローレンス・アンド・ザ・マシーンのニューアルバム、「セレモニアルズ」を 聴いていたのと同じで本当のものにはかなわない。 これでは足りない!

今晩ケイトのサイトでミストラルデスペアのアニメーションフィルムがお目見え

午後7時30分にケイトが公式サイトで 今回のアルバムの3篇の映像作品のうちの2つめを初公開します。 ケイトが初めて監督したアニメーションフィルムになります。 この作品は「ミストラルデスペア」というタイトルで、 こちらにはケイト自身が 語るこの作品にまつわる人々や制作についての話が出ています。 どの作品も2分半以上の長さで、ワイルドマンの作品はすでに見たとおりです。 ミストラルデスペアではミスティの一部がフィーチャーされます。 お楽しみに!

「圧倒的にオリジナル」: アイリッシュ・タイムズ

アイリッシュ・タイムズでのシニード・グリーソンの4つ星:

内にこもった感じでありながら、非常に野心的な作品。 痛烈かつ思索的であり、楽しむには時間をかけてしっかりと取り組む必要がある。 ラジオオンエア用の軽い曲は1曲もなく … プロダクションは前作よりも密度の低い感じで曲に必要なスペースを与えている。 ピアノに大きく重点が置かれていて、そのためにどの曲も似ているという 人もいるだろうが、雪のための50の言葉はその類似性を跳ね除け、 アルバム全体を重なりあう音楽の文采としてまとめあげている。 … 声は良い感じの円熟味で、その響きが格調を高めている。 雪のための50の言葉は畏敬すべき作品であり、 いままでのブッシュの作品と同じくまったく妥協を許さない。

「別世界のようで驚くほど魅力的な人間らしさ」: ヴァーシティー

ケンブリッジのヴァーシティーではロリー・ウィリアムソンの5つ星:

雪のための50の言葉とは? その概念自体、極端かつ過剰でばかばかしくさえもありますが、 まさにケイト・ブッシュだけが傑作を引き出すことのできる種類の 題材です。 その主題をめぐって1時間以上をかけて7曲がゆっくりと展開する間、 リスナーがひたすら感じさせられるのは1枚のアルバムの中に人が住めるような 世界を作り上げることができるブッシュの不思議な能力です。 … 崇高なものとばかげたものを等しく操ることができる有名な能力を思い出すが、 歌詞での遊びはまた、ブッシュの第二の本能とも言えるが、 雪のための50の言葉はもっともかけ離れた概念の間さえも 橋渡しをして7つの曲で一環した世界を作り上げています。 ワイルドマンでの孤独なイエティ、ミスティでの溶けてしまう雪だるま、 タホ湖で犬の名前を呼ぶ女性の霊など、姿の見えない登場人物たちに彩られた 風景です。 タイトルトラックで雪を表す言葉が並べられるさまは、 その軽みもあり、このレコードを通して流れる雪のはかなさを表しているようです。 恋人たちは別れる運命にあり、命を得た雪だるまは溶けてしまい、 1曲目で声を与えられた雪のかけらは見つけることができず、 結局なにもつかまえることはできません。 凍りついた世界は、その美しさにも関わらず厳しいものです。 ものを分かち、混乱させ、最後には現れる時と同じく静かに消えていきます … 生来の奇抜さを大事にしながらそれと離れることもできる 完璧なアーティストの仕事は、 別世界のようでもあり、同時に驚くほど魅力的な人間らしさも出している。

ロックとクラシックの出会い

シニード・グリーソン(ダブリンのジャーナリスト、ブロードキャスター)がアイリッシュ・タイムズで書いているのは、いろいろな種類の音楽の境界が無くなって来ているということ:

クラシックの作曲法はまたコンセプトアルバムというトリッキーなしろものに よく使われる。 ケイト・ブッシュの新作の雪のための50の言葉がうまくいっているのは、 長い歌の形がクラシックのコンテキストで効果的に作用しているからだ。 曲をピアノとストリングスとでの構成に引き戻しているところも、 このアルバムがクラシックよりであることを示している。 …」

「心を掴まれるジャズ風のグレゴリアの詩」: ロチェスター・デモクラット & クロニクル

デモクラットでのジェフ・スペヴァクによるショートレビュー:

妥協を許さない影響力のあるアーティスト。心を掴まれるジャズ風のグレゴリオの詩の 世界は底知れぬほど何かをかき立てるイメージに満ちている。

ソールドアウト・ブログ: 「これまでで最高のアルバムができた … これは偉業」

ソールドアウト・ブログ のレビューで小説家で詩人でもあるコリン・ケリーが雪のための50の言葉を「完璧」と言っています:

『天使にかこまれて』はほんとうにすごい作品で、このアルバムの中でも ケイトのボーカルの最高の部分です。 ディレクターズ・カットとこのアルバムの大部分で聞ける 新しいハスキーなケイトの声は、心を揺さぶるような歌詞の上で 舞いながら溶けてゆくようです。 "There’s someone who’s loved you forever, but you don’t know it."   この曲ま間違った音で始まりますが、ケイトは『失礼』と言ってからピアノを弾きなおしています。 なぜそのまま残したのかは謎ですが、なんとも言えずチャーミングです。」

ケイト・ブッシュは5つ星に値するか? – インデペンデント

インデペンデントのトム・サトクリフは、ケイトが国宝のように受け止められてられているというだけで 批評家たちが仕事を放棄して不戦勝に持ち込んでいるんでは、と考えています…

このアルバムはもう何日も聴いているが、どうもしっくり来ない。 確かに良い所もあって、演奏や録音についてのクオリティなどは だれも否定しないだろうと思う。 しかし、これほど風変わりで、めちゃくちゃ気難しい感じの レコードが満場一致で高評価を受けるものだろうか。 ロックの批評家というものはあまり寛大なものではないが、 いずれにせよ、 私には笑わずにはいられないようなところがそこかしこにあるのだ。 …」

50の言葉がロンドン・ミュージック・アワードにノミネート

宣伝によれば、ロンドン・アート・オブ・アート・アンド・パフォーマンスは「全国でもっとも広がりのある賞で 様々なスタイルのアーティストやパフォーマーを表彰します。 各分野で顕著な功績を収めた人にそれぞれ賞が授与されます。」 参加者はみな、そのカテゴリーのなかで(自分を除いた)トップ3を選ぶよう求められ、 それをもとに主催者がリストを作ってそれが2012年の春に発表される予定です。

ケイトはニューアルバムの50の言葉ノミネートされています。

そのころパリでは …

ミシェル・ジェイカーさんより

BBCラジオ6ミュージックでのローレン・ラヴァーンのインタビュー

輝くばかりのケイトのインタビューは、BBCのiPlayerで、 こちらのローレンのページから 聞くことができます。

「これは本当に良い」: ヘヴィービニール

Keiron at ヘヴィービニール のカイロンさん50の言葉のレビューが あまりにも良すぎるのに警戒しています。なぜでしょうか:

たぶん今年出たどの音楽作品よりもこのアルバムのレビューをたくさん読んでるかもしれません。 それは私の責任でもあって、 私も、ケイトが出したものなら何でも大好きというそういう人達の一人だからです。 … 気になるのは、どの記事を読んでもこれが彼女のベストの作品だという大きなコンセンサスが できているように見えるのですが、これはやはり私の感覚からどうも違和感があります。 … 批評や時代精神で一定の意見を強要されているようで、DNAの1本1本が反応して その見方を跳ねのけようとしてしまいます。 もう本当に嫌なんです。 … ケイトは『レッドシューズ』や『エアリアル』でのオーケストレーションを 削ぎ落として、堂々とした美しいアルバムを作りました。 シンプルではありますが、スカスカということでは全くなく、 とても濃密でアイデアにあふれています。 歌詞や震えるようなピアノ、コーラスやストーリーが聴くものの周りを 嵐のように取り囲みます。 メロディーや歌詞の世界に浸って、あの驚くべき声で暖まってください。 ちょっと走りすぎでしょうか? でも本当に良いんです。 ケイト・ブッシュは比類ないアーティストで、このアルバムはなんといっても完璧です。

「ひどい … こっけいな … ミートローフ」: BBCラジオ6 ラウンドテーブル

50の言葉が 今晩のBBCラジオ6で放送された スティーブ・ラマックの ラウンドテーブルで酷評されています。 ミランダ・ソーヤーは(既報のとおり)『ひどい』作品だと言っており、 ジェイミー・ヒンスは『こっけいな』と評しています。 また、エリザベス・モリスは聞いてて困ったとか ミートローフと比べたとか言っています。 もしお聞きになりたければ、 ストリームの48分ぐらいのところからです。

マイク・ラゴニアのインタビュー

マイク・ラゴニアのインタビューは、いくつかのブログに内容が出ていましたが、 今日、コミュニティラジオ局の KRUUフェアフィールドで放送されました。 こちらで 聞くことができます。(ルイーズさんより)

「どこがすごいのか分からない」: ロックス・バックページズ

ロックス・バックページズ の創設者の一人でエディトリアルディレクターのバーニー・ホスキンス:

キャサリン夫人の忠実なファンとして言わせていただくと、 50種類の雪につけられたあり余るほどの5つ星のレビューを見て、 実はちょっと驚いていました。 このアルバムはもう1週間聴いていますが、どこかそんなに良いのか ぜんぜん分かりません。 80年代のワイルドなポップスを懐かしんでいるだけでなくて、 円熟してからのピアノ作品が好きだと言うにしても、 これはエアリアルでの出来のほうが良かった。 … 記憶にあるような魅力的なポップス作品になっているのは『ワイルドマン』ぐらい でしょうか。 … 何か見落としてるでしょうか?

「すごい作品だが、なんとなく平板」: ミュージック・ディスカバリー

ミュージック・ディスカバリーのイーリ・クレマンはBマイナス:

多年のキャリアを重ねてきた英国のポップ界の至宝が作り上げたアルバムです。 それよりもすごいのは、 彼女がこの歳になって出す作品にとって必ずしも適したとは言えない 音楽シーンの中で依然として重要な存在で在り続けているということでもなく、 このアーティストがポップアルバムとはどういうものか、という定義自体に またしても踏み込んで挑戦していることです。 雪のための50の言葉は このジャンルでたくさん生み出されるクズのような音楽とは違って、 美しく心を打つ内省的な作品で、 アーティストは年をとってもその仕事は輝きを保ち続けることができるんだと 思い知らせてくれます。 雪のための50の言葉は確かに注目すべき作品です。 これにはブッシュが手塩にかけた7曲のミステリアスな作品が含まれています。 澄み切った美しさで流れる曲は、降る雪のようにうっとりとしてしまいます。 アルバム中どこにもはっきりとした盛り上がりはありませんが … どの曲もお手本のような作りですが、 雪のための50の言葉はあまり動きを見せません。 美しいコードとゴージャスな歌を聞くのはもちろん素晴らしいのですが、 全体としてはなんとなく平板な印象で、 … 充実した作品なので、気軽な批判は許さないという感じですが、 あるレベルにとどまっていてそれ以上のところには行きません。 ブッシュは美しい作品を作るということでは 驚異的な才能を見せていますが、 あまりにもゆっくりしたペースが邪魔をしています。 この点は確かにひどい失敗ではありますが、 それでもケイト・ブッシュがまだ聴きこみたくなるようなアルバムを 作れるということがわかります。 …」

「スペースのあるゴージャスなアルバム」: 77スクエア

77スクエアでのロブ・トーマスは3/4:

有名な華々しいアレンジを最小限に控えて、ミニマルな表現の ゴージャスなアルバムを作りました。 … ブッシュ以外にこんなアルバムを誰が作れるでしょうか? 彼女は、もったいぶったというか非常識とも言えるような前提をわざと 設定していて、それによってエレガントなアレンジやイマジネーションに溢れる歌詞、 そして何よりも説得力のある声の震えるほどの確信を通じてその前提を 伝えているようです。 その結果は冬の夜の最高のサウンドトラックとなりました。 寒さに立ち向かうのではなく抱きしめるような。

ビッグ・ボーイのケイトへの傾倒の小史

スピンでのまとめ:

アントワン “ビッグ・ボーイ” パットン’ がブッシュの音楽に思い入れを持っているのは 驚くには当たらない。 ローリング・ストーンが書いているように、ビッグ・ボーイはまだ中学のころに 伯父さんからレコードを聞かされて以来、この独特な英国のシンガーソングライターの ファンである。 実際、ダディー・サックスが愛のかたちや神秘の丘といった少し前の曲を 歌っている彼女のことをずっと好きだということはあちこちに書かれてもいる。 …」

「今年の最も想像力に富んだアルバムの1つ」: ナウ・トロント

ナウ・トロントのケヴィン・リッチーさんは5N:

「寒さが感じられる7つの曲を通じて流れるのは孤独感です。 曲のほとんどは、ブッシュの震えるようなピアノに乗って ゆっくりしずしずと展開していく。 アレンジはシンプルかつ優美でジャズっぽいシンコペーションからほとんどアカペラの間奏、 ささやくギターリフやコーラスのハーモニーに展開します。 プロダクションは前2作よりも若干軽い感じだが しっかりと練られている。 … 最高なのはブッシュのボーカルで、いまは明らかにトーンが低くなり、 そしていままで以上に輝いて遊び心に満ちている。 唸ったり、ささやいたり、つぶやいたり、泣いたりして、 破壊的なほど強く歌詞の力をを引き出します。 …」

デジタル・スパイ: ケイト・ブッシュにまつわる10の事実

デジタル・スパイのメイヤー・ニッシムは記録を探っています: 「ケイト・ブッシュが10枚目のスタジオ・アルバム雪のための50の言葉を今週出したわけですが、 いつものあまのじゃくをちょっとおいて、 嵐のように発表されるレビューに合わせて私達なりのことをしようと思います。 ブッシュはこのところ公の場から隠れたり出たりしていましたが、 2011年のカムバックを祝って彼女のキャリアを振り返り、 このポップス界の神秘的なスターについての10の真実を お届けしましょう。 …」

「傑作。これこそケイトというアルバム」: シルバー・タング

シルバー・タングのジェームズ・ブライトマンも5つ星:

このアルバムはいわばあなたを優しく抱く小宇宙で、 極地のテーマをなかなか他にないような暖かさで表現しています。 ケイトの声は(30年以上のキャリアを経て最高の状態ですが)すばらしく、 … アルバムが終わった時には、靴の周りに泥がついているんじゃないかと 思ったほどです。 その世界が去っていくのは悲しいことでした。 雪のための50の言葉は傑作。これこそケイトというアルバムです。

Allmusicでの4つ星レビュー: 「このようなものは他にはまず無い」

Allmusicのトム・ジュレックは雪のための50の言葉に4つ星をつけています:

「曲の長さにかかわらず、あるいはむしろその長さのためか、 彼女の作品の中ではもっともスペースがあり音を削ぎ落したものになっている。 いちばん目立つのはブッシュの声とアコースティック・ピアノ、 スティーブ・ガッドのゴージャスなドラムで、 他の楽器(オーケストラなども入っているが)あまり目立たない。 冬をテーマにした曲を収めた雪のための50の言葉は、東西の神話の世界 やファンタジーを織り込んでいる。 抽象的な表現だが、わかりにくくて聞きにくいということは無い。 … こんな不思議なポピュラー音楽は他に例を見つけられない。 スコット・ウォーカーズのドリフトやPJ・ハーヴィーの レット・イングランド・シェイクなどと似たところもあるが、 どちらとも似ていない。 ブッシュのアルバムがすごいのは、 ミステリアスでわかりにくい世界を指向しながら、同時に 魅力的なとっつきやすさも備えているところだ。 」

50の言葉がUKチャートの今週の中間発表で5位

BBCの公式チャートページNMEで、 ケイトはUKアルバムチャートの週中間集計で5位だと伝えています。

チャートでケイトのすぐ上はマイケル・ブーブレのクリスマスアルバムで、 ニューエントリー3つは全て 先週のUKの人気テレビ番組で放送されたものです。 音楽業界情報では、50の言葉の1週目の出足は ディレクターズ・カットよりも良いということですが、 前作は他のニューリリースが少なく競争が厳しくないときのリリースでした。 今週の最終チャートは日曜日の午後に発表されます。

50 Words For Snow

スウェーデンのテレビでのレビュー

スウェーデンのSVTから(情報はヘンリックさんより)。 いいレビューだといいんですが、スウェーデン語はあんまりなので:)

追記: スウェーデンのファンの人からの情報では、 クリップの中ではレビューワーはいままでのケイトのアルバムの中で一番の作品で、 とても好きだと言っているそうです。 ケイトはつねに姿を変え続ける雪のようだとも。 ありがとうございました。

「ケイト・ブッシュは変人のままで」: キャピタル・ニューヨーク

キャピタル・ニューヨークでのダフネ・カーによる50の言葉の素敵なレビュー:

オープニング曲の『スノーフレイク』 はいまの音楽とはかけ離れているように 聞こえて、過去20年間が飛んでいくような感覚です。 … そしてベースが入ってきてもその感覚は続きます。 張りつめて削ぎ落とされたエレクトリックな音は、 ポップスの世界ではずっと無かった音です。 ギターのチリチリした感じはフリップ卿もまだまだ健在と思わせるし、 スティーブ・ガッドのトムやブラシでのスネア、官能的なシンセパッドなど、 このレコードが受けた一番新しい影響は トーク・トークのもっともポップから遠いところからなんではないかと思わせる。 ブッシュ自身の70年代後半から80年代にチャートを席巻したヒットも 同様に記憶から飛んでしまう。残っているのは コード進行とかビロードのような彼女のボーカルだけ。 雪をテーマにしたこのアルバムの7つの曲をずっと聞いていると、 こういったアナクロニズムこそが大事なところだと思えてきます。 2011年のケイト・ブッシュは場違いかもしれませんが、 また、ケイト・ブッシュが拓いた道を続く多くのアーティストと 比べずにはいられないということも同時に言えます。 おそらく、この冬の小路はそのような息苦しいところから 逃れるための最良の方法だったんでしょう。 … ブッシュにかかると、どの楽器もどのフレーズも曲全体に有効に働く。 1つの音も無駄にはしないのは、まさに技といったところですが、 この完璧主義のために1993年から2005年にわたるギャップが生まれてしまったという ことでもあるわけです。 … このアルバムで、ケイトはいろいろなケイト・ブッシュを巡った末に 原点のケイト・ブッシュに戻ったと言えます。 … プログレのいろいろなものを取り込む勢いとニューウェーブの風変わりさとか不遜な態度 を吸収するところは、一時はヘンとか変わり者と言われましたが今は立派に認められて いますが、それとポップスのパッケージに改革をもたらそうという 情熱とがポップスの中でのアートの2大潮流です。 ロブ・ヤングのエレクトリック・エデン という素敵な本では、英国の新旧のフォークを『英国文化の秘密の庭園』と 称しています。 ヤングはブッシュのことをニューウェーブと言っていますが、 それは普通の意味ではなく、 オカルト風の声や自然や空のことを変な拍子やロック的でない楽器 で演奏する英国のミュージシャンの長い系譜のなかでのニューウェーブという ようなことで、バンパーステッカーには『イギリスのヘンを守ろう』などと 書かれているような感じ。

Kate - Misty

なんという辛口批評! タブロイドでのケイトの採点は?

ロンドン・イブニング・スタンダードでのピート・クラークの4つ星: 「メインのテーマは良い: 曲は全部似ているようには見えるが、雪の結晶のようにどれも違ったかたちを見せる。 ちょっと時間をかけないといけないアルバムである。 …」  デイリー・メールのエイドリアン・スリルズからは 4つ星: 「 冬をテーマに展開する曲たちは … ケイトの依然として圧倒的なボーカルを、以前よりも豊かでアナログっぽい 音に載せてゆく。 最初は、主に本人の流麗なピアノの演奏で始まるが … 最高潮は2曲の魅力的なデュエットである。 … 古い枠組みに決して囚われないアルバム、そしてシンガーである。 」  デイリー・ミラーのゲイヴィン・マーティンは4つ星: 「空想的で削ぎ落としたアルバムは奇怪な甘さで、なかなかの作品。 色気のある新しい氷の時代のピアノ。」  ザ・サンは4点ケイトの氷漬け: 興味深いコンセプトアルバム … 奇妙にして創意に富み、シュールで刺激的。

「神秘に包まれた伝説のケイト・ブッシュは健在」: ヘヴィー・ミュージック

ヘヴィー・ミュージックでのディラン・テラによるちょっとしたレビュー:

ケイト・ブッシュの 神秘的な伝説は健在である … 雪のための50の言葉は急いで作ったような作品では無いようだが、 聞いていてもすぐには終わりそうにないような雰囲気を醸し出している … 超現実的な夢の世界と深い感情を描いていて … そして、上質の小説のように、なんの予備知識もなく聴いても たちまち引きこまれてしまう。

ゆっくり味わう必要があるが、待てばきっと報われる

ハーバード・クリムゾンでのレベッカ・J・マズールさんでの 3.5星:

ユニークなすごさを備えたアルバムで、そのスタイル、内容、構造はとても 魅力的で美しく、同時に奇妙でとっつきにくいところもあり、 … 異常に長い曲ばかりで、 … ミニマリストの語るストーリーというか … 何よりアーティスティックな表現と実験の場としてはすばらしいキャンバスだ。 その長さもあり、 メロディーのモチーフはあまり変わりなく何分間も同じ繰り返しだし、 曲を聞いていてもどこにいるか分からなくなる。 … 演奏の細やかさや、控えめで感情のこもったボーカル、曲の詩的な側面などを 味わおうと思うと、このアルバムはかなり集中して聴かないといけない。 ブッシュは曲の構成を広げることで、詩的な深みを恐ろしいほど作り出している。 … ユニークな素材にインスピレーションを得て豊かなイメージを ともなった歌詞の世界を作り出すさまはブッシュのいつものクリエイティビティの 証左である。 … アルバムを通して、控えめなユーモアのセンスも感じられる … ドラマティックなところではケイトの声は 不安げながら力強い不協和で高みまで上がり、 差し迫って絶望的な場面では低くガラガラになる。 … これは奇妙なアルバムである。 楽器の構成は最小限で、メロディーは掴みどころがなく、 歌詞はひねくれて感情的。 しかしこれは同時にケイトの創作性を遺憾なく表現した素晴らしい作品集でもある。 曲は音楽性もともかく、純粋芸術や詩作としても価値のあるものだ。 ゆっくり味わう必要があるが、時間をかければきっと報われる。

雪によって語る: ウォールストリート・ジャーナルでのインタビュー

ウォールストリート・ジャーナルでの ジム・フジリによる短いインタビューとアルバムレビュー:

以前ケイト・ブッシュのアルバムの間隔が12年もあいたことを思うと、 今年早くに『ディレクターズ・カット』が出て、今週『雪のための50の言葉』が リリースされたのは、すごいことです。 どちらのアルバムでも分かるのは、ブッシュさんが面白くないなんてことは ほとんど無く、すごい作品であることがほとんどだってことです。 …」

雪のための50の言葉: ハフィントン・ポストでのケイト・ブッシュとの会話

オンラインのハフィントン・ポストでのマイク・ラゴナによる短いインタビュー

抜粋:

Mike Ragogna of the Huffington PostMR: なるほど。「ミスティ」の背景について もうちょっと話してもらえますか。

KB: この曲は、主題もちょっと変わってますが、とっても長いんです。 アルバムの中でも一番長いんですが、14分ぐらいありますね。 こんなに長い曲を書くつもりはなかったんですが、普通のポップソングの スタイルじゃなくてもっと長い曲のつくりについていろいろとアイデアを 暖めてたんです。 もっと時間をかけてストーリーのいろんな部分に触れることで、 ストーリーが見えてくるように語るってことを やりたかったんです。 テーマは女の子が雪だるまをつくって、あとでその雪だるまが 寝室にやって来るっていうだけなんですけどね。

MR: 雪だるまはみんなそうですよね。

KB: どうでしょう? 分かりません。みんな黙っててくれたらいいんですけどね(笑)。

ニューヨーク・タイムズのレビュー: 「ゆったりと、静かに、そして風変わりな...素晴らしいニューアルバム」

ネイト・チネンはこのアルバムの レビューをニューヨーク・タイムズに出しています。 こちら「“The world is so loud,”とケイト・ブッシュが冒頭の安らぐようなコーラスで くぐもった声で歌うのは『雪のための50の言葉』。 ゆったりと、静かに、そして風変わりなニューアルバムです。 … もし、ディレクターズ・カットが50の言葉を制作するにあたっての 心構えを作り上げるために必要なものだったとしたら、 それは十分な価値があったと言える。 このニューアルバムはまさにすばらしく、 ブッシュのやわらかなピアノで決定づけられるトラックに イマジネーションあふれる歌詞がしっかりと沿っています。 … 全体のトーンはスローで薄暗い感じですが、 悲しくはありません。 『タホ湖』のような氷に閉じ込められた幽霊の話であっても、 そこには本物の感情表現が込められています。

Kate makes Lake Tahoe film segment

「一生を懸けて聴いてもいい」: Live4Ever

Live4Everでのサイモン・ムーアのレビューは 私見ですがベストの1つです。 :

彼女は語り部である。 いままでもずっとそうであったように … このすごい曲たちはジャンルを飛び越えるものだが、 ケイト・ブッシュは自分が築いた玉座に安穏と座っているような人ではなく 常に新しいサウンドを求めている … 主役のピアノはジャジーになり、サスティンが効いた感じ。 饒舌でシルキーな声は 過ぎし日の襲いかかるような激しさを失いましたが、 その声を前面に押し出したミックスで安定感と活力を感じさせ … 音楽をその根源にまで削ぎ落として聞かせる。 … これが詩的に過ぎると聞こえるのであれば、この音楽の本質が少しは分かっているという ことだ。 暗い田舎の夜に向けたようなメロウなバッキングは、すぐにあなたの 心を捉えるようなものではないかもしれないが、 だんだん忍び寄って耳の中で育ち、だんだんあなたをとりこにしてゆくだろう。 どの曲もだんだん大きな存在になっていって、最後にはアルバム全体を 愛せざるを得なくなる。 … 聞くたびに新しい層が見えてきて、それがまたいままで知らなかった ストーリーを見せてくれる。 これは一生をかけて聴き続ける価値のあるアルバムだ。 とにかく聴き始めていただきたい。

スウェーデンの新聞「Dagens Nyheter」でインタビュー

スウェーデンの新聞「Dagens Nyheter」(今日のニュース)では、 ケイトのインタビューが特集されていて、 こちらで (スウェーデン語で)読めます。

冒頭でケイトはインタビューアーにスウェーデンの冬はどういうものかを 聞いていますが、それがとても長くて4〜5ヶ月もあるという答えを聞いて、 こう言って笑っています。 「へえ、4〜5ヶ月も雪が降るんですか? それはそれは! ちょっと想像するのも 難しいですが、私のアルバムのことを悪く思うようになったりしないと いいなと思います。」 プロデュースはほとんど自分でやるんですかと聞かれて、「お茶を入れるのもね」。 そしてどうやって声を維持しているかを聞かれると、 「家の中で料理したり家事をしたりするときに歌ったりはしないですね。 ボイストレーニングも別になってなくて、ほんとうはやった方がいいんでしょうけど。 ほんとうに、作品を作るときに歌うだけです。」 インタビューの翻訳全文はこちらから。 翻訳はイェンスさんです。

「わずかな問題があるが驚異的な作品」: サウンドスパイク

サウンドスパイクのジェームズ・マディソンさんはケイトの声がお気に入りです:

ブッシュは依然として非現実のファーを身にまとった個性的な才能だ。 … 彼女は、自分自身について語らないことによって自分のことを語っているかのようです。 若い頃のつんざくようなハイトーンのピークは、スモーキーな中域の響きに置き換わり、 落ち着かないアバンギャルドな感じがなくなって魅力を増しました。 今の世界であまた見られる精神的な後継者への先輩としての立場を確認しようと しているかのようである。 … 楽曲的にはブッシュ自身の伴奏は飾り気がなく美しいもので、 ちょっとジャズピアノ風。 ときにミュートギターやブラシのシンバル、優美なストリングが入り、 ゴージャス。 冬の曲集の前半は、まさにそのテーマのように進む。 静寂のなかで降る雪のように、すべての魔法が 眼の前で展開される。 曲は時間をかけてゆっくりとその世界をつくってゆく。 … しかし、完璧なのはそこまで。エルトン・ジョンがとつぜん 「ウィーラー街で雪に閉じ込められて」で現れるのは、 唐突である。 … 幸いにも、最後の曲は控えめな「天使にかこまれて」で、これはまた最初の良い状態に もどしてくれる。 とり憑かれたような白いちりの舞う墓地で、 ブッシュひとりが、その声とピアノで歌いかける。…」

「パワフルな作品」: ステレオガム

ステレオガムではトムさんが今週のアルバムに選んでいます。 ケイトの新作が出て以来続いている転向者の一人です:

今まで、ケイト・ブッシュさんの作品についてはあまり気にせずに 過ごしてきましたがそれで十分にハッピーでした。 シングルの曲は知っていましたし、以降のアートポップ界のアーティストへの影響のことも わかっていました。 しかし、ひねくれたようなヘリウムボイスのようなボーカルとねじけたメロディーの ために、いままでにちゃんと聞いてみようとは思いませんでした。 大体のところ、ブッシュはみなさんと同じように盲点にあったのでしょう。 しかし、この新作の雪のための50の言葉は、私のような懐疑的な人も含めてもう一度 考えてみないといけないと思わせる作品でした。 一見すると、雪のための50の言葉には、いっぱいもったいぶった感じの 危険信号が灯っています。 目も当てられないようなカバーアート、構造のはっきりしない曲のつくり、 6分を下回る曲が1つもなく多くはとても長くなる曲の長さなど。 こういった良くないところがあります。 … しかしいったんこのアルバムの魅力に取りつかれてしまうと、 こういった弱点が全部(カバーアートを除いて)強みに見えてくるのです。 音楽的には雪のための50の言葉は余分なところのない繊細なアルバムです。 全神経を集中していなくてもぼんやりと聴いていてもいいような感じです。 楽曲としてはブラシのドラムといい、印象派的なピアノといい、 控えめなエレクトロニクスといい、はらはらと漂うような造りです。 ブッシュの圧倒的な声はほとんどのところささやくような感じにとどまって いますが、シンプルなフレーズでも十分に心に届きます。 歌詞も意図的に外したようで、 この曲たちがどれほど特別で風変わりなものかを忘れてしまうほどです。 … 一度アルバムを感じてしまうと、 最も現実離れした考えさえ鳥肌がたってしまうほどです。 … 愛のはかなさのテーマが際立ちます。 … ひとたびこのアルバムを受け入れてしまうと、とても強力なのです。

「スペースがあり美しく純粋の極地」:コンシクエンス・オブ・サウンド

4 1/2 stars from Siobhan Kane at コンシクエンス・オブ・サウンドでのショーハン・ケーンによる 4星半(タイム誌のウェブサイトにも掲載):

雪を舞台装置に使って、彼女のクリエイティビティを表現するための スペースがあり美しく純粋の極地の背景を作り出しています。 … 『スノーフレイク』はレコードを始めるのにふさわしい愛らしい曲で、 母と子の会話、あるいは地球と我々との会話を生み出します。 この曲は私達が地球に属していながら『氷と塵と光』でもあることを示唆しているからです。 血と肉とを備えた存在でありながら空気のようでもあるという感じ。 この曲を通してひらひらと流れるピアノや マッキントッシュの歌う『クリスマスの夜』は感情をゆさぶります。 ブッシュは『世界はうるさい』と歌っていますが、そのためか そこに旅をするというか入り込んでしまえるような静寂の世界を 作り上げています。 … 『タホ湖』はステファン・ロバーツとマイケル・ウッドのテナーと カウンターテナーのハーモニーで始まり、 そこから悲しみにくれるようなピアノに乗せた ブッシュの何かを切望するような、あるいは探すようなボーカルへと つながります。 … 『ミスティ』はほぼ14分にもわたるすばらしい曲です。 … 曲はドライブ感のあるリズミックな曲から語りに近いような曲まで さまざまで、ジャズの感覚とフォークの雰囲気もあり、 エキサイティングな音楽を作り上げています。 …」

ビッグ・ボーイがケイトのニューアルバムを賞賛

ローリング・ストーンでは、 ラッパーのビッグ・ボーイがケイトのニューアルバムをとても気に入っていると 伝えています。 「このアルバムはすごく沈んだ感じのチルで、 いままでのケイトの音楽を知っているファンとしては、 とってもケイト・ブッシュらしいって感じかな。 すごく濃縮されていて生の感情が入っている。 めちゃくちゃ恋をしている感じは、まるで自分の日記から取ってきたような感じだし。」 ローリング・ストーンによるとビッグ・ボーイの好きな曲は ウィーラー街で雪に閉じ込められてだそうです。 「彼女と男との話で、生まれる前から愛し合っていて、 お互いに絶対に離れたくないと思っているというような話だね。 これはすごくぐっとくる曲で、すごく深いね。最高…

Big_Boi

ケイトがニュースに!

BBCラジオ4の朝の看板ニュース番組トゥデイで、 ケイトのニューアルバムのりリースを取り上げていました。 また、本日同じく看板番組のフロント・ロウで放送される ジョン・ウィルソンのインタビューも少し流されました。

すぐにロイター でも取り上げられ、今のレコード業界の現状についてのケイトの嘆きが 紹介されました。

ザ・デイリーでのアルバムレビュー: 「ゴージャスに間抜け」

リッチ・ジャヴィアルがニューアルバムのレビューをザ・デイリーに 出しています。 こちらの ようなiPad向けの新聞です。 「この10枚目のアルバム、『雪のための50の言葉』ほどにブッシュがゴージャスに間抜けだったのは、 1982年のドリーミング以来かもしれない。 ここで彼女は、降る雪に恋をし、イェティを科学者から守るためにその足跡をたどり、 雪だるまを作って情けを交わしたり。 エルトン・ジョンとのデュエットの『ウィーラー街で雪に閉じ込められて』は、 『ウェイテイング・フォー・ガフマン』での『ミッドナイト・アット・ザ・オアシス』での 例の意味不明なオーディションデュエットを思い起こさせる。 (ジョンの"Just two old flames keeping the fire going/ We look so good together,") とりわけ間抜けなのが、スティーブン・フライとのコラボのタイトルトラックで、 ここでは雪を表す言葉を並べて行ってだんだんわけが分からなくなって行く ("swans-a-melting," "faloop’njoompoola," "creaky-creaky," "Zhivagodamarbletash," "bad for trains," "blown from polar fur") 。 そしてブッシュがときどき "Come on man, you got 44 to go!" と合いの手をいれるようになっている。 もしブッシュ本人が笑い事にしていなければ、他の人の笑いものになっていたことだろう。

残念ながら、雪のための50の言葉は、想像しているほうが実際に聴くよりも面白いかも しれない。 ブッシュは前作のエアリアルで見られたようなブラシのドラムとアコベースを 引き続き気に入っているようだが、今回の作品では完全にポップの構成を捨て去っていて、 それがとても残念。 7曲だけで65にも及ぶ作品の中でも、ミスティーは13分も コーラスなくだるい展開を繰り広げる。 ブッシュのピアノは風が吹き抜ける感じではなく霧雨ともいうのか、 ちょっとずつ出てくる繰り返しのフレーズが十分なスペースを作っている。 このアルバムはちょうど中ほどでちょっとアップビートのワイルド・マンがきて、 そこが頂点だといえる。 しかし、これはブッシュの最も冴えない作品である。

ラジオインタビューの続報

BBCラジオ4のフロント・ロウでジョン・ウィルソンが行った ケイトのインタビューが下で聞けます。 これを聞くと、ケイトが今の音楽業界についてどう思っているかとか、スズメバチのおかげで クラウドバスティングの歌詞が変わった話とかが分かります。

Q podcast本日、UK時間の午後3時、カナダのラジオでジァン・ゴメシが行ったインタビューでは、雪のための50の言葉と 自身のキャリアについて語っています(こちらで 聞き直しができます。またこちら には無料のiTunesのポッドキャストがあります)

そして、ドイツのラジオ局WDR2で昨日の夜行われたインタビューは 下のリンクで聞きなおしができます(ルイーズさんとトムさんから)

「退屈すぎる」: デイリー・テキサン

オースティンのデイリー・テキサンのロバート・スターにはお気に召さなかったよう:

音楽というのはとても主観的な芸術で、ある人が熱狂する作品が別の人にはまったく興味のない ものだったりするのはよくあること。… ケイト・ブッシュの最新作、 雪のための50の言葉は勉強するときのBGMとか寝るときに聴く音楽としては いいかもしれないが、しっかりと聴く音楽としてはよろしくない。 だらだらと続く曲は、ときに10分を超えて、うんざりするような同じピアノのリフを 繰り返し、何か意味のありそうななさそうなわけのわからない歌詞を歌う。 タイトルトラックがその極地で、なんと雪を表すイヌイットの言葉を延々と 挙げてゆくのだ。 … 雰囲気のあるよく作られたアルバムであり、きれいな作品だが、 同時に退屈すぎて、このような前衛性が好きな人以外にはアピールしそうにない 作品である。 自分の表現性の闇に迷い込んでしまって他の人がどんなものを聞きたがっているかが 分からなくなってしまったアーティストの作品である。 それでも、ブッシュはまだ聴いてもいいと思わせるものを持っている。 雪のための50の言葉はとてもいいアルバムとはいえないが、 ブッシュがまだいい作品を作ることができることを示している。 もう少しアップテンポでリズムのいい歌を入れていたら、 もう少しお勧めしやすかったのだが。 この状態であれば、大がっかりだとしか言いようがない。

「絶妙なピアノ室内楽」: スコットランド・オン・サンデイ

スコットランド・オン・サンデイでのコリン・サマーヴィルの4つ星レビュー:

「21年前、ケイトは12月は魔法の月だと約束してくれました。 そして自身の10枚目のアルバムでそれを証明してくれたのです。 これは絶妙なピアノ室内楽でエレクトリックもはいりちょっと変わった心地よさです。 冬の季節にぴったりのレコードです。 ケイトの声は相変わらず魅力的ですが、さらに2つ、おまけのサイドオーダーも用意して くれています。 … 7曲だけで65分にもわたる長さですが、その中で普通のポップソングに似ているのは 音の嵐から始まるシングル曲「ワイルド・マン」のみです。 … 個性的ですぐれて英国的なこのアーティストを思い出すことができた タイムリーなアルバムでした。」

「人の生きる姿への挽歌」: ボストン・グローブ

ボストン・グローブのジェームズ・リード:

「『雪のための50の言葉』という名前の作品に似つかわしく、 ケイト・ブッシュの10枚目のアルバムは氷河のような緩やかさと趣きで動く。 ピアノを中心に、ブッシュのしなやかな歌声と繊細なドラム、ベース、ギターが彩る … これは表面的には雪をテーマにした曲だが、本質的にはそれを超えて、 人の生きる姿への挽歌になっている … この曲たちを聴くと静かな気持ちに誘われるが、ゲストが押しかけることになってしまっている … カメオ出演のゲストは邪魔にはなっていないが、舞う雪のように軽く飛んでいって しまいかねないアルバムをしっかりと落ち着けている。」

「暖炉で燃えるような命で照らされる消え行く世界」: LAタイムズ

LAタイムズでのマーガレット・ワプラーは3.5/4:

「丘の上で、豊かなビクトリア朝風のガウンにケープを重ねたりしているような感じで、 ケイト・ブッシュは同世代のミュージシャンから圧倒的な個性を認められて来た。 … そのような崇敬の雰囲気から、表舞台から姿を消していた英国のシンガーソングライターが 1枚ならず2枚ものアルバムを制作する気にさせたのだろうか … 雪のための50の言葉では、繊細な曲から荒々しい曲まで曲調は激しく変わるが、常に エレガンスな輝きを持っている。 ブッシュの書く曲は冬の根雪から発し、ピアノが氷が弾けて初めての動きを 現しているかのようだ … ブッシュの世界は寒いかもしれないが、それは凍り付いているわけではなく、 消え行くような世界が暖炉で燃え上がるような命で照らされているようだ。」

「濃密で熱狂的で悦びに満ちた」: デジタル・スパイ

デジタル・スパイでのメイヤー・ニッシムによる5つ星レビュー:

「この6年の間のどれだけの時間が新作の7曲を制作するのに使われたかどうかは分からないが、 しかしどの時間にもその価値はあったのだろう。 トラックリストを見ると曲が少なくて驚くかもしれないが、ディスク全体では65分以上も あり、雪をテーマにした濃密で熱狂的で悦びに満ちたレコードとなっている … 控えめだがしっかりとした演奏はゴージャスにブッシュが紡ぐ雪の物語を彩り、 ユニークな彼女の声は、今まで以上とは言わぬまでも変わらぬクオリティを 保っている。 次の新作までまた6年待たないといけないとすると残念だが、 2017年のクリスマスにもこのレコードはまだ十分聴いていられそうだ。」

「とりとめのない奇妙な大仕事」: ザ・ナショナル

ザ・ナショナル (アブダビ)でのスティーブン・ダルトンによる4つ星レビュー:

「ケイト・ブッシュのニューアルバムと言えば、いつも事件です。 53歳になる英国のフォークポップ界の天上の女王は20年間にわたり世を忍んで半ば引退を 決め込んでいたようですが、その神秘さはさらに深まっています。 … 今年2枚目になるアルバムは歌詞はぼんやりした感じですが、音楽的には豊かで、 雪と伝説のストーリーをテーマにしています。 … 少し実験的な音も入れたしなやかで現代的な作風は、PJハーヴィーやレイディオヘッドの 最近の作品と並べてもしっくりくる感じです。 昔はキンキンしていたブッシュの声も、今は年を重ねて丸くハスキーになっています … 雪のための50の言葉は、言わばとりとめのない奇妙な大仕事で、ブッシュの 初期の緻密でメロドラマ性を持ったアートポップのファンにはお気に召さないかも しれません。 しかしこれはかなり成功した実験であり、 クリエイティビティーがまたあふれ出してきていることの証拠だとも言えます。」

ウェアズ・ザ・トラウザーズでの10/10レビュー

ウェアズ・ザ・トラウザーズでのレイ・バートラム: 「雪のための50の言葉がいままでの傑作たちと比較される中でどのような評価を 受けるかは、まだ断定するには早いですが、 このアルバムには1曲としてつまらない曲、弱い曲や時間稼ぎがなく、 65分に渡る全ての曲がケイトのもっともクリエイティブな輝きを見せてくれていることを 思うと、これはまたひとつ、ケイト・ブッシュの古典に出会ったのかも しれないと感じます。」 アルバムの評価は10/10点。レビューの全文(長い)は こちら。 (ブライアンCさんより)

「ファンタジー、擬人化、幽霊、ミステリー、天使、不死」: ピッチフォーク

ピッチフォーク・メディアの“ベスト・ニュー・ミュージック”でライアン・ドンバル は8.5/10評価:

ブッシュの作る物語には、古典的な直接さに面白い複雑さを加えられています。 このアルバム中の曲には、簡単にまとめられるものが多いですが、 歌い手の表現豊かな声と不思議なアレンジによって、不思議な重層性が生まれています。 そして、この雰囲気。 アルバム全体を通じて、1985年の傑作である愛のかたちのB面の 雰囲気とコンセプト性を思い起こさせるような 心を動かされるような気味の悪さが感じられます。 実際、2011におけるこのアーティストの存在を考えると、 ブッシュ本人以外に価値の基軸となるようなアーティストを見つけることは 難しい。 … 今年あったインタビューで、53歳のブッシュはあまり新しい音楽は聴かないと 語っていたが、このように圧倒的に控えめで微妙な音で雪を歌っているのを 聴くと彼女のいうことも信じられる。 … このアルバムの主題は、無駄かもしれない中でもつながりを求めて努力すること– ブッシュ自身とそのキャラクター、現実と非現実、愛と死との間などのつながりである … 雪のための50の言葉の大部分は真っ白で夢のような不信の状態を語っているが、 ブッシュが自分の力の全てで影のような幻を現実のように表現している ことは特筆しておくべきである。 彼女の音楽は、このアルバムも含め、大切に守られた子供の場所のようなところに 連れて行ってくれるようです – それは純粋なだけでなく想像を働かせる余地があり、年をとるということがない場所です … しかし雪は単純な時代に戻っているだけではありません。 結末、喪失、大人の静けさに満ちています。 ファンタジー以上のものです。

「異常に美しく個性的な輝き」: DIY

DIYのマーティン・ヤングさんは9/10点:

前宣伝でも言われていた冬の雰囲気は、デリケートでニュアンスがあり、ときに寂しげな曲に 確かに考えられます。 ブッシュは劇場的で活き活きとした音楽をつくることで有名なアーティストですが、 『雪のための50の言葉』は抑制を効かせて細心の注意で美しい音楽を作る優れた才能が あることを世に示しています。 このアルバムはととも長く、少なくとも2曲は10分以上の長さがありますが、 全くダレることなくしっかりと聞かせてくれます。 降る雪をうっとりと眺めながら何時間も過ごすことができるのと同じように、 壊れもののような曲たちは、その長さにも関わらず、没頭させてくれます。 … ケイト・ブッシュが素晴らしいのは、ケイト以外に彼女が作っているような音楽をだれも 作ることが出来ないだろうということで、 『雪のための50の言葉』もまた異常に美しく個性的な輝きを示しています。 長く暗い冬の夜をすごすのにはぴったりのアルバムです。

「ドラマ、音楽、冗談の稀有な融合」: スキニー

スキニーではサム・ワイズマンが5つ星評価:

ケイト・ブッシュ以外にだれがこんなことをできるのだろう? 雪についてのコンセプトアルバム、エルトン・ジョンとのデュエット、 スティーブン・フライが雪を表現する超現実的な言葉を並べ立てて しかもそれをまじめに聞かせようというタイトルトラックなど。 もちろん、ブッシュはそのような心配などすることなく、 業界の批評や売り上げ上の期待とは完全に別の世界での 想像力の領域で仕事をしてきた人です。 2005年のエアリアルと同じく、雪のための50の言葉は ドラマ、音楽、冗談の稀有な融合で、とても魅力的です。 音楽的にはこの世のものとは思えないほどソフトでもわっとしたレコードの音は、 ブッシュがつくる高尚でなおかつ控えめな雰囲気をつくる神秘的な力を 支えています。

メトロ: これも5つ星レビュー

UKのメトロ紙でアーワ・ハイダーが書いています: 「… まだ神秘的なセクシーさを振りまくケイト・ブッシュは、突然 多作の魔法を手に入れたようです … とても刺激的で重層的な作品で、たっぷり浸りきることができます … 楽器とクラシックのコーラスが溶け合い、あまくむせぶピアノやエレクトロニカが 織り交じって、このアルバムはエキセントリックな美があります …」 (このレビューは姉妹紙のダブリン・メトロ・ヘラルドにも掲載されました)

「タホ湖」のアニメーションフィルムの予告編がケイトのサイトに登場

こちら のケイトサイトで、この作品が再生されます。ご覧ください。

Lake Tahoe film

公式サイトにケイトの新しい写真!

ついさきほど、こちらのケイト公式サイトの 雪のための50の言葉のギャラリーに追加になりました。 この写真に関係するようなビジュアル作品が発表されるのを期待したいと思います。

Hands image

Kate 2011

Kate with 'Misty' puppets

Lake Tahoe visuals

「天使にかこまれて」がケイトの公式サイトでストリーミング中

ケイトのサイトでのストリーミングの締めくくりになりますが、アルバムのアートワークと 降る雪がフィーチャーされています。 雪のための50の言葉のUKでのリリースがこれで整いました。 アルバムはケイトのキャリアの中でも最高の評価を受けています。 嬉しいことです。

Among Angels still video

「ユニークな趣きのレコード」: リップ

リップはオーストラリア の若い女性向のサイトです。 アンジェリク・ルーによるレビューの視点はとても面白いと思いました:

ケイト・ブッシュのことを 知らないかもしれませんが、お父さんやお母さんがファンかもしれませんよ(悪いことではないよね) … まず、このアルバムで分かるのは、曲が長い! 雪のための50の言葉には7曲しか入っていなくて、 でもどの曲も長くて、ケイト・ブッシュ流のユニークで趣きのあるレコードになってます。 せかせかしない人の作品です。 雪のための50の言葉はイギリスの冬の雪景色の中で作られました。 あまり詰め込まない、落ちついた作品です … ケイト・ブッシュのハードコアなファンにはこのアルバムは期待通り、新しく聞く人にとっては じっくりと聴く努力が要るでしょう。 すぐに好きになれるような曲を探している人にとっては、この想像力の世界と曲の長さで イヤになってしまうかもしれない。 ケイト・ブッシュは、コンセプトアルバムが普通で、シングル曲があまり聴かれなかった 時代の人なんだ。 コンセプトアルバムによくあるワナにこのアルバムもかかっているようですが、 どの曲も同じに聞こえてしまいます。

「ただ美しい」: インデペンデント日曜版

インデペンデント日曜版でも サイモン・プライスが5つ星をつけました:

あまり人前に出るのを好まない天才を支持する人には嬉しいことでしょう。 これはただ美しい作品です。 7曲しか収められていませんが、とても長い曲もあって、 なにがしか雪に関連するテーマを歌っています。 音も雪を思わせるようで、それもドラマチックに吹きすさぶブリザードではなく 夜に前触れもなく降り始めて積もってゆく雪のようです … このアルバムのピークは、エルトン・ジョンとの デュエットで、生まれ変わりを歌っている『ウィーラー街で雪に閉じ込められて』です … そして最後の『天使にかこまれて』では繊細で控えめなピアノで現実世界に戻り、 彼女はベッドの雪だるまさんのようにまた溶けて見えなくなっていきます。

「ブッシュの広大な空想の世界をめぐるゆっくりとした冬の旅」: Fワード

フェミニストのサイトFワード でのデビ・ウィザース(『ケイト・ブッシュと論説の冒険』の著者)による 50の言葉についての紙幅を取った賞賛:

ケイト・ブッシュは音楽を作るだけでありません、彼女は世界を構築します。 雪のための50の言葉はまさに、そのようなブッシュの想像力が作った多重世界のひとつで、 彼女の33年に渡るキャリアの中で曲作りの技巧と神がかったスタジオワークを 通じた実験や変身で聴衆を喜ばせ、困らせ、驚かせてきた歴史のひとつです。 … 彼女のコンセプト作品は、次から次に興味を移してゆくいまの時代には、まったく不適なものと 言えるかもしれません … しかし、もしあなたが雪のための50の言葉のチャレンジを受け止めて、 じっくりと聞くことを決心すれば、きっと深く報われることでしょう … ブッシュの音楽を聴くときには、ばかばかしいことを良いものとして受け止める 準備があると良いです。 そうすると、アルバムのなかでときどき現われる、ちょっとアレッと思ったり 聴いていてきまりが悪くなるような部分に対して用意が出来ますから。 しかし、それにも関わらず、ケイトを愛し信じていれば、 そのようなこっけいな飾り物の裏に深い意味があり、なにか他の大事なことが あるということを信じつづけることでしょう … 言っておかないといけないのは、私自身ケイト・ブッシュの作品は大好きですが、 同時に、土着の文化を分別なく無批判に取り入れてしまうことについてはどうかと 思うことがあります … このニューアルバムでは、エスキモーが雪を表す言葉を 50も持っているという伝説をあまりにも無批判に主題として取り入れて しまったように思います。 … 特に、タイトルトラックとワイルド・マンでは、そういうところが気になります。 そもそもチベット民族衣装に身を包んだ写真はケイトの宣伝用に適当なものでしょうか? … 雪のための50の言葉は、いままでと同じように まさにこの世界のなかで曲を書き、演奏し、制作しているソングライターがつくる音です。 その音楽はいくつもの世界を開き、創造性を刺激し、広がりを感じさせます。 おそらくいちばん大事なのは、音楽の美しさをまるごと味わおうと思えば注意を払って 深く聴きこまなければならないという音の世界に入ることを この時代のリスナーに要求しているということです。 … ケイト・ブッシュはヒーラーであり世界の間をつなぐ伝道師でもあります … しかしながら、ブッシュはもっと自分の作品づくりの中でもっと他の文化についての 理解をすることに注意すべきだと思います。 そのためにたくさんのファンを失っているのではないでしょうか。 このような輝きをもった作品を作っているのですから、とてももったいないことです。

「このとてつもない女性にはだれも敵わない」: サンデイ・タイムズ

サンデイ・タイムズ (有料コンテンツ)でのダン・ケアンズによる今週のCD:

エアリアルでは、家庭的なことの中から予想もしない可能性や心の動きが出てくることを 示して私達を驚かせてくれましたが、 このニューアルバムもそれに劣らず混乱ととまどいを感じさせ、何より独特のものです … 音楽的にはブッシュにとってはもっとも音のスペースがある作品です。 いくつかのトラックでは声(よりしっかりとしてさらに感情のこもった声)にピアノ、ベース、 ドラムスを加えただけです。 作品としては完璧な成功とは言えません。 もっと広がりのある音やスペースがあって、ジャズ風の色付けがもっと少ないほうがいいなと 思わせるところもあります。 ? しかし最後に、静かでとても魅力的な、 『天使にかこまれて』が聞こえてくると、このとてつもない女性には 誰も敵わないというように思いなおしてしまいます。

「比類ない美しさのパラレルワールド」: デトロイト・フリープレス

デトロイト・フリープレス ではマーティン・バンダイクが5つ星:

『雪のための50の言葉』の中のケイト・ブッシュは、 衝撃的に魅力的な姿です … オープンでゆったりとした夢のような7つの曲を通して、 ブッシュは比類ない美しさのパラレルワールドを作り出しています。 このアルバムの軸を作っている印象的なピアノとともに、彼女の驚くべき 声はあいかわらず強力です。 ブッシュは雪となんらか関係した歌の上で瞑想と夢幻の世界を作り出しています。 このアルバムは、ベルを鳴らすそりや雪だるまといった お決まりの甘ったるいコンセプトアルバムだと思ったら間違いです。 これはもっともっと深い作品です。

オブザーバー: ケイト・ブッシュ - ポップ界で最高に響く声の復活

今日のオブザーバーでのティム・アダムスの記事、 これはたぶんインタビューが取れなかったので書いた記事のようですが、 ありがたいことに、情報が取れなかったという状況のわりには酷評ではありません:

ブッシュについては、「天上の」とか「あどけない」という形容詞が つきまとって来ました。 彼女は子供のような直感に従い、ファンタジーの世界と自己陶酔を混ぜて 驚くような作品を見せてくれて..ということになっています。 この観点では、彼女の制作にはまったく仕組まれたものはないということになります。 また彼女が沈黙を保っていたことも、その雰囲気を強めているということも 言えるでしょう。 19才のときに彼女が作りあげたミステリアスさは、 このところ作品を出さないことによって保たれてきたわけです。 ブッシュはいつもうまく隠遁者的なイメージをメディアに対して 使ってきました。それはつまり雑誌のインタビューなんか受けたいとは 思っていないというイメージです。

「聴いててつまらないかも」: オブザーバー

オブザーバーではキティー・エンパイアが3/5の評点:

50の言葉を聴くのは、重いピアノのモチーフの方がカタルシスよりも強く、 嵐の中を進むようにつまらない。 暑くも寒くも揺れるがブッシュは弾けることなく押さえた印象である。 これは最近のアルバムの残念な傾向。 最後のピアノ曲『天使にかこまれて』はリスナーの涙を絞ろうとしているが、 どこに流していいものか。 このアルバムは、出会いのウインクをしている間が花で、 聴いていて感情をずっと抑えているのはキツい。

「気取っていて、別世界のようで、楽しくとても魅力的」: キリストとポップ・カルチャー

ジェイソン・モアヘッドはキリストとポップカルチャーの中のグレース・ノーツのセクションでこう書いています:

雪のための50の言葉で、 ケイトは、雲の中で生まれて地面に落ちてゆく雪の視点から曲を作ったり、 女性が雪だるまと情を交わすストーリーを描いたりしています。 また、コメディアン/俳優/作家であるスティーブン・フライに雪を表すことばを50個並べさせる などということもやっています。 こういうのを見るとこのアルバムが気取ったものだと思って 評価しなくても許されそうです。 これは確かに気取ったアルバムではありますが、また、別世界のようでもあり、 楽しく、そしてとても魅力的なアルバムでもあります … 雪のための50の言葉は暖かく、生きているようで、 ときに遊び心も感じられます。」

(グレース・ノーツはジェイソン・モアヘッドが 音楽の世界での紙の恵みのしるしを捜し求めるウィークリーのコラムです。 本質的に精神性をもったものや独創的で聴くに値するような素晴らしい音楽について お知らせします)

「楽しい」か「怖れ知らず」か: ラジオ4のサタデーレビュー

ラジオ4のサタデーレビューでは、 ケイトのニューアルバムについて、評者の半分は良かった(「楽しい」)とか つまらない(「どうってことない」)と言っています。 この評価は、特定の年代の人には良くある反応のように思います。 ドリーミングに対する英国メディアの反応を思い出します。 残りの半分にはホストのトム・サトクリフも含まれますが、 一定の理解(「怖れを知らないクリエーター」)を示しています。 レビューはストリーム中の36分のあたりから。

「今年一番か? ダントツで」: Music-News.com

Music-News のアンディー・スニッパーは5つ星評価で『アルバム・オブ・ザ・イヤー』に ノミネート:

評価を決める前に2〜3回はこのアルバムを聞くように、と私は言われましたが、 最初にスノーフレイクの冒頭部分を聴いたときから、もう大好きになっていました。 繰り返し聴いていると、これは私のアルバム・オブ・ザ・イヤー候補だという 確信が湧いてきました … これはケイトにしか作ることのできない音楽です。 見かけ上シンプルながら、そこにはとても深い内容と、 他の人がやると妙になったり気持ちの悪いものになりそうな主題が 含まれています。 冬の美しさと過酷さのことを歌っているようですが、様々な点で、 これは若者がキャンプファイアのまわりに座って、怪談を語って いるようなものです … いままでもケイト・ブッシュは、 嵐が丘や神秘の丘のころでさえ、 その音楽には深みと複雑さがあって 簡単に聞き流せる音楽ではありませんでした。 また、近くにあり暖かいものを歓ぶことや、 詳しく見ることによる官能も常に見られました。 このアルバムにはそういったものの全てが含まれており、フィナーレの 『天使にかこまれて』ではゴージャスな声が “I can see angels around you. They shimmer like mirrors in Summer”と歌うのが 心に響きます。 アルバム・オブ・ザ・イヤーかと言えば、もうダントツで、と言いましょう。 これはすごいアルバムです。

チベット支援

昨晩、ケイトは公式サイトにチベットの状況についての思いを 投稿しました(下のニュースをご覧ください)。 私達からは、こちらスタンド・アップ・フォー・チベットのサイトを訪れて 請願署名 をすることでチベットでの自己犠牲による抗議や規制の状況について 関心をもっていることを示していただきたいとお願いします。 (インターナショナル・チベット・ネットワークのマンディーさんからの情報)

YouTube Preview Image

西ロンドンに雪のための50の言葉の巨大ビルボード

4つ「雪」のレビューはいいですね! 写真はジェイミーさんから。

Billboard in West London advertising 50 Words For Snow

Billboard in West London advertising 50 Words For Snow

「季節感のある室内楽曲のゴージャスで瞑想的なコレクション」: BBCテレビのレビュー・ショウ

BBC2のレビュー・ショウでのスチュアート・マコニー( ‘スーパーファン’との紹介)による とても好意的なレビュー。番組の宣伝によると:

ケイト・ブッシュのファンは2005のエアリアルにつづくニューアルバムを6年待ちました。 そして今年、2枚がほんの数ヶ月間隔でやって来ました。 一枚目の「ディレクターズ・カット」は旧作を再制作、再録音したものでしたが、 11月21日に発売される「雪のための50の言葉」には7曲の新曲が 収められています。 スーパーファンのスチュアート・マコニーさんにこれを聞いてもらって、 ブッシュの尽きることのない魅力を語ってもらいました。

スチュアートさんは、こんなアルバムをケイトに作ってもらいたかったと 語っています。その部分は番組の最後のほう、ストリーム中の29分のところです。

サッチャーとケイトといえば?

タイムズ(有料コンテンツ)では 映画評論家トム・ガッティが今朝こんな面白い記事を書いています….

政界とポップス界のファーストレディだった彼女達を結びつけるものは何だろう? 今週、メリル・ストリープ演じるマーガレット・サッチャーが 公開されるのと時を同じくして、ケイト・ブッシュの6年ぶりの 新曲アルバムが初オンエアされている 80年代の女性の大物がまだ帰ってくるというのはあってもいい話だが、 2人が帰ってくるとなるとなにか策略めいたものを感じる。 政界とポップス業界のファーストレディーだった2人を結びつけるのは何か?

1. まずはキャリアの時期。 サッチャーは1979年に権力の座につき、そのときブッシュは最初で最後のツアーの 最中だった。 サッチャーは1992年にその座を退いたが、その1年後、ブッシュはアルバムを発表して その後10年以上も休止している …」

… そしてケイトは1979年の総選挙でジム・カラハンと写真に収まっており、 マギーは同じ選挙のときに新聞の漫画で、そのジム・カラハンと一緒に ケイトになぞらえられている。 なんと!

オランダのラジオ局サイトにジェイミー・カラムのケイトのインタビュー

Jamie Cullum

いいインタビューでス。ジェイミー・カラムのケイトへのインタビューがこちらで聞けます。 インタビュー全体はBBCラジオ2で12月6日19時(GMT)でやった内容です。

チベットでの出来事についてのケイトの意見

ケイトが公式サイトで以下のような意見を表明しました:

皆さんもチベットでの出来事がひどいことになっているのをご存知でしょう。 あんなにやさしく精神性を持った文化が痛めつけられているのを 見るのはとても悲しいことです。 人々が助けを求めるためにあのような恐ろしい行動しか取り得えなかった ということがとてもショックでした。 このような状況で何も言わないでおくのは恥ずかしいことだと思いました。 世界の人たちに届いてほしいと思います。

ケイト

ケイトの言葉についてもっと考えるために、 アムネスティ・インターナショナルのウェブサイトへのリンクを こちら に置いておきます。UKの新聞インデペンデントのリンク(こちら)とマイケル・ダナムのブログも、見てください。

アイリッシュ・インデペンデントで4つ星レビュー

ジョン・ミーガー: 「 … 壮大さと美しさを見せるとても空気感を感じる音楽 … 見事なテクスチャーと雰囲気 … ケイト・ブッシュの魅力はまだまだ健在 … タイトルトラックは見事です…」

「氷のような雄大さで少し損なわれた雪に閉じ込められた恋人達」: アーツ・デスク

アーツ・デスクのマーク・カイデルの言葉を尽くした賛辞:

ケイト・ブッシュはずっと、純粋な天才とマンネリズム的過剰との間の危ういコースを進んできました。 雪と氷のソフトで結晶のような出会いの賛歌である彼女の最新のアルバムも、その例外ではありません。 人を感動させる以上に幻惑させるような音楽をつくるとき、 セルフパロディーとクリシェに陥ってしまいそうな瞬間があります。 ユニークな英国のアーティストであり、メインストリームを外れたところに 創造性の源を持ちながら、マージナルであったり一般的な人気から外れたりしない ところにいます。 とても英国的であり、より正確にはイングリッシュであるのですが、 この国の文化の流れと響きあい、 ロマンティックな流れと合わせてエキセントリックな面を探訪し、 豊かな詩的イメージと、ときに洗練されすぎたセンシュアリティを醸し出します。 このアルバムはゆっくりと主張し、微妙なところが何回も聞くうちにだんだんと 良く聞こえてきます。 … ケイト・ブッシュについて驚くべきでない唯一のことは、 予想もしないようなインスピレーションがあふれ出てくることです … このアルバムの欠点を挙げるなら、ブッシュのほとんど完璧な 高みをたどるパフォーマンスと、 ファンキーな情熱ではなく冷たく精神的な優美さで特徴付けられる リビドーによるものでしょう。

「ピアノ主導でスペースのある、寒気のするような音楽」: スピン

雑誌スピン でジェシカ・ホッパーは7/10点評価:

物憂げなセルフプロデュースの即興的な曲は、 雪に関する『連作組曲』とも言えるような作品です … ピアノ主導でスペースのある、寒気のするような音楽で、ブッシュは私達を ハスキーで静かな声の深みに連れて行くようです … しかし、彼女が若いころのような鋭い高音を出すと、曲はその力を増し、 やさしく奏でられるストリングスからあなたを連れ戻すことでしょう … 雪のための50の言葉の半分は(ブッシュの息子を含む)いろいろな男性シンガーとの デュエットでできています。 中でもエルトン・ジョンは、 ケイトが第二次世界大戦中に彼をベッドの下に隠したという ことを歌うなか、クリス・コーネルのような低音を響かせて、 アルバムのなかで最も奇妙で危うい瞬間を 作っています。 全体のダークで透き通った音はタイトルを裏切るような感じでもありますが、 その強風の中で迷わずにはいられません。

「時折の輝きと奇妙で危うげな氷のかけら達」: フィナンシャル・タイムズ

フィナンシャル・タイムズのルドヴィック・ハンター-ティルスリーに よる4つ星レビュー:

ピアノ・コードと穏やかなパーカッションの遅い渦 … 53才を迎えて声に温かいハスキーさが出たブッシュによる 冬のピアノ、雰囲気のあるオーケストラ編曲、そして親密で揺らぐようなボーカル … アルバムは低音のエルトン・ジョンとのデュエット「ウィーラー街で雪に閉じ込められて」で震え、 最後を飾るタイトルトラックではスティーブン・フライを招いて雪を表す50の言葉を 創作させています … 「雪のための50の言葉」は、その冬のテーマを語るのに、 時折の輝きと同時に奇妙で危うげな氷のかけら達も用いています。

Independent.ie でイーモン・スウィーニーによるインタビュー

アイリッシュ・インデペンデントで、ケイトはイーモン・スウィーニーと対談して、 「10枚目のスタジオアルバム、スティーブン・フライ、エルトン・ジョン、 「アイルランドの女」などについて語り、アイルランドに愛を 捧げています。」

エニー・ディーセント・ミュージックのレビューチャートで 雪のための50の言葉がトップに

エニー・ディーセント・ミュージックの‘リーセント・リリース‘のチャートでは、 50以上の出版メディアからのニューアルバムに対する評価を集めています。

本日はケイトのニューアルバム「雪のための50の言葉」のリリース日ですが、 加重平均で 8.5/10点という評価でチャートの1位を飾っています。

ITVデイブレーク: 「アルバム・オブ・ザ・イヤー」

朝の番組のデイブレークUKで、 ボイド・ヒルトンはケイトのアルバムを賞賛しています。 1時間5分のところ、画面上で“7:12 am”のところです。 ボイドさんは50の言葉がアルバム・オブ・ザ・イヤーだと述べています。 (いつも精力的なレポートのルイーズ・ウェストさんから)

ワシントン・ポストでのアリソン・スチュワートによるインタビュー

今日の ワシントン・ポストで フリーライターのアリソン・スチュワートによるケイトのインタビューが出ています:

70年代と80年代に、ブッシュは一連の幻想的なでセクシーなアートフォーク系アルバムを発売しましたが、 それらはPJハーヴェイ、フィオナ・アップル、ビヨークなど、その後30年にわたる重要な女性アーティストの ほとんど全てに大きな影響を与えました。 彼女はタフで、妥協しなくて、強烈な個性を持っていました。 多作であるとは言えませんでしたが。 この30年の間に彼女がリリースしたスタジオアルバムは10枚のみ、そのうちの2枚は 2011年の作品です: 「ディレクターズ・カット」は 自身の旧作の曲を再録音し、新たな息吹を吹き込んだ作品でした。 そして新作の 「雪のための50の言葉」は、 冬にまつわるテーマで結ばれた曲からなる、奇妙で美しいアルバムです。 ブッシュは、彼女の夫と、ときどきケイトのアルバムにも参加している13才の息子のバーティーと 一緒に英国の田園地方に住んでいます。 家からの電話で、彼女はこの世に出現したブロンテのキャラクターというよりは 英国のサッカー・ママという感じの、ユーモアがあり、気遣いのある 素敵な女性でした…

「吹き乱れるパノラマ」: RTE

RTE 10のアランさんは ジョンさんとフライさんがお好きなようで、4/5点の評価:

冷たく白い雪をテーマの中心に据えた結晶のようなピアノ曲からなる優美な組曲 … この堂々たるムードミュージックのコレクションは、ブッシュの声の やさしい愛撫からゴージャスなストリングスにまで大きく広がり、 きらめく夜の風景を広げる。 音響的には雪に閉ざされた広大な世界の静寂さを持ち、音楽的にも その温度は常温より上がることはほとんどない … そして雪で覆われた風景の落ち着きと静けさを、見事に捕らえている。 これはケイト・ブッシュが、雪の結晶のようにユニークな個性を持っているという 証明である。

BBCアメリカのアングロフェニアでケイト・ブッシュウィーク

BBCアメリカのアングロフェニアブログ(「アメリカ流の英国文化紹介」)ではケイト・ブッシュウィークを やっています:

A Life in Pictures

Kate’s Five Best Videos

Five of Kate’s best collaborators

Five Great British literary songs

A Guide to Kate’s Albums

「ケイト・ブッシュにしかできない技」: シカゴ・トリビューン

シカゴ・トリビューンでの音楽評論家、グレッグ・コットの3/4評価とエルトン卿とフライ氏に対する疑問:

70年代後半から、ブッシュはアートロックの世界の中で 自分の世界を築いてきた人です。 そのみずみずしい音楽は堂々たる音楽家の域に達し、 妖精のようなボーカルは先進的なエレクトロニクスの綾に届いています。 その歌詞の世界はユニコーンや悪魔が去来する物語の世界から、 より女性的で成熟した世界を表現するようになりました。 商業的にはあまり成功していないように見えますが、ブッシュは 作曲家-歌手-音楽家-プロデューサーとして、 確固とした個性を築き上げ、数知れぬミュージシャンに影響を与えています。 … 賞賛やセレブリティを求めず、純粋な自己表現を大事にしています。 雪のための50の言葉は、まさに、魅惑の雲の上に浮かび、氷点下の世界の家篭りに ぴったりです。 どの曲も羽毛の布団の上に被せる毛布、暖炉にくべる薪、冬が近づくとやってくる 夢物語の世界を思い起こさせます … ブッシュはそのような広がりを持った稀有なボーカリストです … そして聞くものを押さえつけるのではなく、驚くほど親密に聞かせてくれるのです。 ピアニストとしても、決して弾き過ぎることなく素晴らしい音を聞かせてくれ、 さざなみのような音で、13分にも渡る長い曲には必要な道しるべを点しています。 また、キーボードも駆使して遠くにまたたく光を思い起こさせるような効果を出しています。 …」

「圧倒的な個性と厳粛な音の世界」: クワイエタス

クワイエタスのジョー・ケネディーは、音の世界に浸っています:

雪のための50の言葉では、ブッシュは冬景色を印象派的に 表現することに専念しています。 このような仕事をもっと早い時期にやっていなかったのは、むしろ意外とも思えます。 … いつものブッシュのように日常の心配を忘れさせ、ロマンティックで内面的な 風景を描き出すさまは、いつも窓から吹雪の世界を眺めている人が作っている のではないかと思わせるところがありました。 思うに、これは彼女のテリトリーなのでしょう … いままでの作品は重層的で人を圧倒するようなものが多かったのですが、 雪のための50の言葉では、音の間が印象的です。 多くの曲は声とピアノの響きを中心に構成されていますが、 時に激しい上昇気流にあったようにペースを買えてメロディーをかなでたりもします。 … アレンジや演奏はとても丁寧で、無関心を装っていても この作品の素晴らしさは無視できないでしょう。 これほど力強く特定の気候を思わせてくれるレコードは なかなかありません…

「静謐な美しさ」: デイリー・テレグラフ

デイリー・テレグラフでの ヘレン・ブラウンによる5つ星レビュー:

雪のための50の言葉は、凍るような窓から外を眺めながら、 一人で聴くとよいでしょう。 雪をテーマにした7曲の長い曲たちはブッシュの本質とピアノを 軸に飛び回り、夢のようなたゆたうような雰囲気と 絶妙なメロディーを奏でます…」

フィンランド最大の音楽雑誌サウンディで5つ星レビュー

ここのところ何ページかのポストを見ていただければわかるように、 ニューアルバムの夢のようなレビューが次から次へとやってきています。 今日、ニューアルバムはアイルランド(私は休みを取りました!)、ヨーロッパの ほぼ全域、オーストラリアでリリースされました。 輝かしい賞賛がまたひとつ加わりました。 フィンランドで最大の音楽雑誌 サウンディで、 ニューアルバムに5つ星のレビューが出ました。 まるごと1ページを割いたレビューでは、このアルバムは熱心なファンの期待をも 上回る仕上がりで、評者によれば愛のかたち以来の最高のアルバムだと いうことです。 そして、このアルバムを聴けば「偉大なるものに触れ」ることができるとも 言っています。 翻訳はまだ手に入っていません。 (ペッカさんより)

「この世のものとは思えないボーカルと果てしないアンビエンス」: ミュージック・シュピール

ミュージック・シュピールは好意的で、エルトン卿もお気に入りのようです:

あなたがケイト・ブッシュについてどんな先入観を持っていたとしても、それを窓から放り出す準備をしておいてください。 … ケイトはいつでも、リスナーの都合など考えもせず、自分のしたいことをやりたいときにやってきました … これは、きわめてピアノが重要な位置をしめるアルバムで、有名なスタジオミュージシャンのスティーブ・ガッドによる 最小限のパーカッションがついていますが、7曲のトラックのどれも、 クラシックの影響を受けたテーマで構成され、この世のものではないようなボーカルと 果てしないアンビエンスで作られています。 … 静謐さはどの曲にも共通ですが、山場は「ウィーラー街で雪に閉じ込められて」での エルトン・ジョンとのデュエットです … 個人的にはエルトン卿のファンではないのですが、この曲は見事です。 このアルバムで受ける感覚を表す言葉が見つかりません。 ただ、ケイト・ブッシュがこんな作品を作ってアルバムで唸らせてくれたのは とてもとても嬉しいですし、まだまだ興味を持てる音楽を製作する心を持ち続けて くれているのはすばらしいことです。 彼女がまだ傑作をつくることできるとは思いませんでしたが、私は間違っていました。 間違っていてよかったと想います。

「主題の描写におけるきらめきと漂流、そしてうめき」: ウェスト・オーストラリアン

ウェスト・オーストラリアンでのマイケル・ワイアーによる 4つ星レビュー。 エルトン卿がお好みでない方がここにも:

少ないケイトの作品の中でも最も微妙なアルバム … このアルバムがもっとも問いかけてくるのは、主題の描写におけるきらめきと漂流、そしてうめきであり、 それはストーリーをめぐりつつ高踏をつらぬきます … 降る雪を見るのはまるで夢を見るように深い感覚につながります。 ブッシュの深く響き、整ったピアノのスタイルはこのアルバムの 背骨になっています。 深く説得力のある声は、 依然としてしなやかで、すこしスモーキーになった年を経た彼女の声に良くマッチしています。 … 全体として、気まぐれなうぬぼれのように一見思えるこの作品は、 いちばん切なく魂が震えるこの季節を訪ねるたびに私たちを連れてくれ、 このアーティストが慎重にことばを選ぶことにおける円熟を示しています。

「まっとうなアーティスト」: デイリー・エクスプレス

デイリー・エクスプレスでのサイモン・ゲイジ氏の5/5レビュー:

アルバム冒頭の美しく詞的で落ち着いたスノーフレークを聞くと、 ケイトにしか作り出すことのできない雪の風景を通じた、 いつもの奇妙な旅を想うことだろう。 1曲1曲は長く、思いもよらないようなゲストが登場する … そして、車に乗りながら歌うような曲は1曲もない。 まさにまっとうなアーティストがいるとしか表現できない。 エルトンとの美しいデュエットは、ストレートでありながら普通でない世界を 表現していて愛すべき曲であり、 このアルバムのハイライトである。

「奇妙で美しい、他にはない作品」: タイムズ

タイムズではウィル・ホジキンソンが4つ星をつけています(有料エリア):

抑制が効いている上に何か惹きつけられるものがあり、しかも妙なところもあるので、 雪のための50の言葉は、趣味がいいというだけでは済まない作品だ。 … 制作を通じ、ブッシュは 降る雪を見て覚える子供の感動と同時に 自身の人生の深いところを見せてくれているようだ。 このアルバムを貫く雰囲気は鮮烈であり、いままでもケイト・ブッシュを 表現するのに使い古された表現をつかうなら、天上のものである。 それは、自然な世界に民話の世界や御伽噺の世界の不思議な存在が 住んでいるという感覚である … 究極のところ、ケイト・ブッシュのカルト性を除いたときに雪のための50の言葉が それ自身で成立するかということは問われなければならない。 その答えはYESである。なぜなら、この作品は 奇妙で美しい、他にはない作品だからである。

「季節感のある傑作」: MTV

ゲイヴィン・カレンのMTV.co.ukでの50の言葉のレビュー:

相変わらず、ブッシュの声は、驚くほどユニークで官能的である。 その声は50の言葉の世界に住むキャラクターの役を演じ、 交霊会を行ってその世界と実世界をつなぎながら、 そのプロセスの仕掛けを自由に、まったく自然にやってのける。 50の言葉では、ブッシュの声とメロディー作りの才能を確認できるだけでなく、 ストーリーテリングにおけるイマジネーションの力も良く分かる。 … 雪のための50の言葉は、他の何にも似ていない驚異的な作品である。 最初はあまりにも音が少なく微妙なので聞いているうちに溶けてゆくような感じがして 捉えにくいが、 何回も聴いていると、 魔法のようで凍りつくような美しさで飾られた 驚くほど味わいのある魅力的な作品集であることが 分かってくる。

インデペンデントのアンディー・ギルのインタビューと5つ星レビュー

アンディー・ギルと言えば、ネット以前の時代からずっと インデペンデントでケイトの インタビューをしてきた人です:

精神的な世界の中には、5才から8才ぐらいのころに根ざした部分がけっこうあって、 大人になったふりをしているだけだという風に考えています。 人間の本質は子供時代にはもっとパワフルで、 いい育ち方をして、自分自身を大切にすることができれば、 大人になってからもそれを自分のコアとして持ち続けることが できるのです。 まあ、そういうことなのですが、自分が少女のままだっ手言うわけではなくて、 コアの部分に子供のころの自分がいるっていう感じですね。

アンディー・ギルはアルバムのレビューでは5つ星をつけています:

穏やかにつながりあうそれぞれのトラックは、風に吹き寄せられた雪のようです: ほとんどの曲はシンプルでゆったりとしたピアノを軸に、アンビエントなシンセ、 ストリングス、そしてジャズ風の管楽器やオリエンタルな弦が絡みます。 その結果は、みずみずしく魅力的で、今までのアルバムよりも 音がまとまった感じに聞こえます。 冬をテーマにしっかりと置いていて、素晴らしい神話の物語が雪の毛布に覆われた 中で形作られています…

 

「いつものような驚くべきクオリティ」: ガーディアン

ガーディアンでの アレクシス・ペトライズの5つ星の好意的レビュー:

Guardian review

ケイト・ブッシュの雪のための50の言葉には、いっぱい奇妙なことがあります。 厳密にはこれはクリスマスアルバムではありませんが、季節ものであることは確かです。 最近の季節のアルバムといえば、個性を磨きながら活動を続ける著名な シンガーソングライターよりもジャスティン・ビーバーのような人が出すようですが。 この中では、ブッシュが雪だるまを作った後、 その雪だるまと寝て、悲しい結末に至るというストーリーのミスティーに 14分という時間をかけて、ありえないほど美しい作品を作っています。 … オーケストレーションの微妙な美しさや、生き生きとしたライブ感、 いままでのブッシュのアルバムでは見られなかったような ミュージシャン達が1つのスタジオに集まって作品を作っているような感覚が あります。 それを除けば、雪のための50の言葉は、 ロックの世界で他には誰にも発想できないようなアイデアで 埋めつくされてるという意味では、 いつものブッシュのような作品だと 言えるかも知れません。 紙に書いてみるとまったくばかげたように見えるアイデアを、 驚くような音楽に仕立て上げるさまは、まさにブッシュの世界としか言いようが ありません。 プロモーション嫌いは有名ですが、それとは別に、 彼女の作品作りへのアプローチについては、私たちが知ることのできない 領域があります。

「完璧にゴージャス」: エンターテイメント・ウィークリー

EWのマイケル・ウッドは 50の言葉にA評定をつけています。いい評価です:

5月のディレクターズ・カットに続くブッシュの作品は、 大胆にそぎ落とした構成の作品で、彼女のエキセントリックな美学を 純粋なエッセンスにまで蒸留するように作られている。 鐘のように響くピアノと空から降るようなボーカル、馬や磁器の人形に まつわる夢の物語。 13分にわたるミスティーも含め、完璧にゴージャスな作品であるが、 雪のための50の言葉の白眉は、エルトン・ジョンとのデュエットである。 …」

BBCラジオ6でケイトのインタビュー

追追記: 6ミュージックのツイートによれば、インタビューは、「来週の今日」放送されるという ことです。すなわち、11月24日になります。 モーニング・ショーはGMT10:00から13:00までの放送で、 6ミュージックのウェブサイトで後からも聞けるはずです。

追記: ということで、ローラさんは今朝ケイトのインタビューに向かったようです。 このインタビューはラジオ6でのちほど放送されるはずです。 分かり次第、お伝えします。

6ミュージックの朝の番組のホストであるローラ・ラバーン が、木曜日の朝、お茶をしながらしゃべるために「ケイト・ブッシュと会う」予定だと ツイートしています。

今夜、ワイルド・マンのアニメーション

ケイトは今日、公式ウェブサイトでワイルド・マンのアニメーションが 公開されることを アナウンスしました。 以下をご覧ください:

YouTube Preview Image

皆さん

今日お知らせするのは、最初のアニメーションムービーの公開についてです。 2分半しかない作品ですが、これにはとっても繊細な注意と労力が込められています。 雰囲気を感じさせる、きれいに作られたユニークな作品になったと思います。 この作品はブラント・アニメーションのフィンとパトリックが作りましたが、 制作はとても楽しい作業でした。 気に入ってもらえると嬉しいです。

このプロジェクトのプロデューサーのマイク・ソリンガーさんに謝意を捧げたいと思います。 彼なくては、この作品は出来ませんでした。 それから、この曲とビデオの発想のもとになったイエティにも感謝したいです。 これからも伝説の存在であり続けて欲しいです。

愛を込めて
ケイト

こちらのケイトの公式サイトで19:30から、このアニメーションを見ることができます。

「音のつづれ織り」: スーパーヴァーシティー

スーパーヴァーシティーでの短いが、良いレビュー:

ケイト・ブッシュは、常に聞く者に挑みかかります。 一旦彼女のアリーナに入れば、簡単には退場できません。 彼女の音楽は、ポップス界をあふれさせている簡単にアクセスできるやつら に比べれば『重大なもの』です。 そして、リスナーが難題に立ち向かってそれに成功すれば、大きな報酬が得られます。 口座を釣り合わせるようなバックグラウンド・ノイズを望む人々のための音楽でありません。 そして、またロックにありがちな人に襲いかかり怒りに満ちたような音楽でもありません。 これは、じっくりと聞いて浸りこむための音楽です。 ブッシュさんは言葉と音を全面に広がる感情でリスナーを覆い隠す音楽のタペストリーに織り上げる織工です。 その音楽は最初は魅力的ですがとても鈍い感覚です。しかし、繰り返し聞くたびに、 新しい何かが見つかってきます。 そのかけらたちは、音楽というよりも音のパズルのようで、 解決されるのを待っていて、でも何回も聴いても簡単には解決しないようです。 しかし、彼女の音楽の捉えどころのないさまは、悪くないですし ... 最高の音楽がそうするように ... 聴くものに挑戦すします。 耳を開いてください。 あなたの心を開いてください。聞いてください。

「驚くべき夢の旅」: クォティディアン・タイムズ

クォティディアン は、50の言葉で冬の夢の世界へ:

雪のための50の言葉は、とにかく冬のアルバムで、寒く寂しい冬の季節の冷たさを、 同じぐらい暖かく氷河のようで広い空間を持った音世界と、 イマジネーションにあふれる詞の世界とで繭にくるんでくれるような、 絶好のお供です。 ここ何日か繰り返し聴いていますが、聴くたびに新しい 体験と発見があり、つぎからつぎへと新しい経験を持たしてくれ、 第一印象よりもさらに深い印象を与えてくれるので、これは ブッシュの最高の仕事が持つ美しさだと感じます。 これを聴いて、雪が降ってくれないかと思ったくらいです。 ここ2回の冬の長く不便な大寒波の後で、二度とそんなことを望むとは思いませんでしたが。

「死んだトナカイを叩き」: ヴィーヴォシーン

ヴィーヴォシーンのマリン・ネルソンは長いトラックに容赦がありません:

離れるつらさとあられもない情事を詳述している13分にわたる歌などは、あんまりです。 タイトルトラックの中で、スティーブン・フライが雪を表現する50の言葉を文字通り朗読するころには、 あなたは凍傷になっていることでしょう。 あるいは、ちょっと失礼、などと言いたくなっているかも。 ケイト・ブッシュは、批評が難しいアーティストの1人です。 彼女の長く崇拝されてきた経歴は、独創性と輝きにあふれていました … 特に1978年以降ジャンルの壁をやぶりながらアルバムを発売していたアーティストとして、 彼女は先例のないレベルに立ちました … ケイト・ブッシュの強さは厳然とそこに存在します: 確固として。 横殴りの雪から耳をつんざくような静けさを作り上げたいと思えば、 彼女はそうします。 感情的な真実性があり、詩作の世界では彼女は比べるものがありません。 ケイト・ブッシュは、クリスマスの前に出せるよう計算してアルバムを 制作していたようには思われます。 しかし、あなたがシングルで、寒い夜に独りで静かにワインを飲んでいるようなひとであれば、 雪のための50の言葉は、どこか遠くに置いておくか、コースターとして使ってください。

「ミスティ」のビデオがケイトのサイトで午後9時までストリーミング中!

ケイトの公式サイトで、3番目の曲が登場しました。 こちらミスティを今晩 UK時間の午後9時までお楽しみください。

Misty still video

 

50の言葉のニュースまとめ – 2

フォーラムでの ルイーズさんによるニュースのまとめを手短に: BBCラジオ4のサタデー・レビュー で11月19日19:15からアルバムのレビュー ◆ ローリング・ストーンズドイツ版の ヨアヒム・ヘンチェルの新しいインタビュー ◆ ベルギーのヒューモ・マガジンミュージックエクスプレスの6部では(50の言葉以外も含めの)フィーチャー ◆ ケイト・ブッシュ・オランダファンクラブでのレビュー ◆ ベルギーの フォーカス・ナックのレビュー ◆ アイルランドのEMIミュージックは、アルバム全部を アイリッシュ・タイムズでストリーミングしてます ◆ NYTフィンランドや、and EMI Belgium at デ・スタンダードでのEMIベルギーのストリーミングも…

ケイトがアニメーションとテレビCMを発表

YouTube Preview Image
公式ウェブサイトで ケイトがニューアルバムのプロモーションアイテムについて発表しています:

みなさん

雪のための50の言葉に収めた中の3曲の一部を使って、 短い映像作品をいま作っています。 それぞれ2分半ぐらいの長さになりますが、とても楽しく作って制作を進めて いますが、リリースが楽しみです。

テレビCMではこのうちの2つのクリップとアルバムの冊子から取ったイメージを 使っています。 声はあのスティーブン・フライさんです。 このビジュアルを皆さんが気に入ってくれるといいと思います。 そしてアルバムの発表がもうすぐだっていうことをお伝えしたいと思います。

心をこめて
ケイト

すぐにケイトのオフィシャルサイト で、テレビCMのアニメーションをみてください!

Misty film still

「深い喜びに満ち」: ハースト・レビュー

ジョシュ・ハースト はお気に入りです:

ある意味では、記号的で、身体的で、歴史的で、神話的で、官能的なものとしての、雪に関するアルバムです。 雪を想念として見て、また、物質的な世界の具体的な対象としても見ます。 思うに、これが意味するものは、これが歴史上もっとも奇妙でもっともエロチックなクリスマスアルバムであると いうことです。半分冗談ですが(クリスマスというのは1回しか出てこないので)、半分は本気です。 まぎれもない冬のムードがあり、そしてしっかりした焦点があるため全く目が離せません。 これは7曲の驚異的な歌でできている崇高なアルバムです。そして、ケイト・ブッシュ以外の誰も考案することが できなかった詩と遊びの真実の楽しみを示しています。 詩と音楽が、双発のエンジンとなり、曲の長さや雪のファンシーな表現から、 彼女自身の世界に浸りきったケイトのイマジネーションが飛び交うのを 見ているようです … 雪のための50の言葉は本当の驚異です。 重層的な意味と想念の安定した流れでじらしつつ、簡単にはまとめられないようなアルバムです。 揺り動かされますが、つかまえにくいもので、 それを捕まえて自分の前でダンスすることを許したときに初めて、 遊びに満ちた詩と魅惑的なロマンスの全てが見えたときに、喜びのときが訪れます。

「じらすような興奮と魅惑的で難しく強烈」: ミュージック・フォックス

ミュージック・フィックスのオリビア・シャフはエルトン・ジョン卿がお好みでな7/10点:

私たちはみな雪が好きで、雪が降るのを待っていて、最初の雪のひとひらが落ち始めると、まるで8才の子供に 戻ったように外に走って、笑って遊んだりします。 それから少し経って、雪が茶色になってきたころには、雪の中で歩きまわるのが難しくなり、 車も道で滑ったりして、楽しい要素があっという間に無くなっていきます。 雪のための50の言葉というのは、この作品に信じられないほど適当なタイトルです。 ケイト・ブッシュは誰の指図も受けず自分のルールで作品をつくります。 彼女の初期の仕事でも同じようで … その奇抜さがときには天の恵みであり、ときには 見ていられないものでした … このアルバムは、まるであなたが振るスノーグローブの中で、中の人々が急に動き出すのを 覗き込んでいるようなものです。 … 間違いなく、ほとんどの人は、美しいアルバムであったはずの作品を損ねている雪だまりを わざと見逃し、彼女がもう一度彼女の不思議な存在を見せてくれたと大喜びすることでしょう。

BBCラジオ4のインタビューが決定

John Wilson

ジョン・ウィルソンの発表によると、 ケイトのインタビューが、BBCラジオ4の フロント・ロウ で11月22日の7:15PMから放送されます。 これは、電話ではなく対面でのインタビューになります。 (A Rose Growing Oldさんより)

ケイトのカナダでのラジオインタビュー – CBCで11月22日

Jian GhomeshiケイトはカナダのCBCラジオ の1という番組で、ジャン・ゴメシのインタビュw−11月22日に 1時間にわたって受ける予定です。 その中では、雪のための50の言葉について、 また、天使と小悪魔から現在に至る経歴を振り返る予定です。 彼女のいままでの経歴でのメディアとの関わり、彼女の作詞作曲のアプローチ、演劇やダンス、 映像の彼女の作品の中での重要性、彼女の将来についてもケイトは話します。 カナダのリスナーは、各タイムゾーンとも午前10時にCBCラジオ・ワンにチャンネルを合わせて (あるいはこちらのストリーミングで)。 米国のいくつかの主要都市のリスナーは、パブリック・ラジオ・インターナショナル(PRI)を通して、 地元の公共ラジオ局で受信することができます。 地域別のリストは、こちらにあります。 北米地域のリスナーは、東時間の午前10時、午後3時と午後11時に、シリウス・サテライト159で 聞くことができます。 聞き逃してしまった人も、あとでQを聞くことができます: iTunes で火曜日の午後にポッドキャスト(インタビュー部分のみ)でダウンロードするか、 Qのサイトで 番組全体のストリーミングをお楽しみください。 情報はQのブライアン・クールトンさんから。

「静謐で親密なアルバム」: ハイアー・プレインズ・ミュージック

ハイアー・プレインズ・ミュージックのサイモンさんも、何回も繰り返し聴きこんだようです:

雪のための50の言葉を最初に聴いたときには、 シングルとタイトルトラックを除いてはあまりピンと来ませんでした。 他はぜんぶ非常にくどい感じで、知的で感情に満ちてはいるものの、すぐに好きになるような パンチのあるフックがないという感じでした。 でも突然興味が湧いて、そのすぐには繰り返し聴こうとは思わなかった曲を再発見してみたいと 思いました するとにわかに歌の中のいくつかのセクションが意味をなし、歌のなかにまたいくつかの 歌があることに気づき、突然目の前が開けました。 エアリアルのように、この作品はちゃんと賞味しようと思えば 最初から最後まで座って聞く必要がある作品です。 曲は1曲1曲美しいですが、全体としてまとまると、 冬の厳しい寒さ、心の迸り、音楽と言葉でつくられる暖かみを作り上げており、 私がウィンターアルバムでの最高の例の1つだと言えます。

ランゲージ・ログは「雪のための50の言葉」がお気に入り

ランゲージ・ログではベン・ツィマーがタイトルトラックでのケイトの言語の使い方が良いと言っています:

先月、『雪を表す言葉、探訪』で、 ケイト・ブッシュの雪のための50の言葉 という新しいアルバム(11/21発売)のことを書きました。 そこで私は、『今のところエスキモーの言葉がブッシュの曲に どういうかたちで現われるかは分からないが、おそらくなんらかの形で出てくるのだろう。』 と書きました。 ” さて、本日、NPRの アルバムのストリーミングで、 この幻想的なタイトルトラックを聞くことができました。 そしてエスキモーはたしかにそこに在りました。 想像もしなかった形ではありましたが。 …

「ケイトのようには発想できない」: アデレード・ナウ

アデレード・ナウの キャメロン・アダムスからは4つ星評価で今週のアルバムに:

古典としてのケイト・ブッシュの世界 – 7曲の冬と雪をコンセプトにした 計65分の曲で構成されるアルバムは、2012年に阿ねない … 予想以上だったのは、素晴らしい「ウィーラー街で雪に閉じ込められて」… ブッシュの歌とピアノ、ストリングスで彩られた「天使にかこまれて」は驚異的 … タイトルトラックは、ケイトの詩的世界の頂点に … レディー・ガガは、ブッシュが苦も無くなしとげるユニークな芸術性に 至るにはまだまだ長い時間がかかることだろう。 そして例によって、トーリ・エイモスはピアノに突っ伏して泣いているかも知れない。 どれだけがんばってもケイトのようには発想できないのだ。

「驚異的で深く、奇怪で完璧な制作」: ドラウンド・イン・サウンド

9/10 from Andrzej Lukowski at ドラウンド・イン・サウンドのアンドルツェイ・ルコフスキーの評定は9/10:

Kate Bush 2011 photography by John Carder Bush

この作品で彼女は、偏質狂的に雪と冬を探求しています。その神話、そのロマンス、その暗闇、 そのリズミカルな熱狂と氷河の軋みまで。 雪のための50の言葉には、氷の世界、霜、コマドリの赤い胸、 山の眠くなるような雪景色と死、 故郷での漂流、アラスカの強風などが見えます。 しかし大部分は、思うに、雪がはかなくつかまえにくいのが愛の姿を映していると言っている レコードです。 そしてここから発するならば、この作品はエアリアルのスカイ・オブ・ハニーを 凍った世界に置き直してできた音楽作品だということができます。 … 最初の3曲の歌は30分以上にわたり、ブッシュの過去の経歴の中でも、もっとも鮮やかで もっとも捉えにくく、いくつかの点で最も美しいフレーズを聞くことができます。 ミニマルではかなげなピアノと、大きく溝をあけている沈黙のスペースによって、 これらのトラックは、降る雪と冬の闇がつくる柔らかいが抗いようのない不気味な落ちつきを映します。 … それはまた、ブッシュの恐るべきプロダクション、 正確で執拗なシンセ、スタジオを楽器として操る才能をも現しています。 … 愛のかたちエアリアル雪のための50の言葉までの 26年は、 ほんとうに彼女が完璧な作品を作り続けた時期だと言えます。 過ちを犯しがちなケイトですが、 そのピークでは並ぶものがありません。

「放縦な作品」: ストレンジ・シングス・アー・ハプニング

デビッド・フリント はケイト・ブッシュの新作がお好みでは無いようです。 しかし、彼はまたエアリアルが「CD2枚分の価値を持った忘れられがちな音楽」である とも言っているので、そのうちまた違う意見が聞けるかもしれません。

雪のための50の言葉については、 これから何回も聞けば、程度はともかく、まだ意見を変えることがあるかもしれません。 でも今のところは、他のライターさんが書いているような賛辞を書く気にはならないのです。 … このアルバム全体についての問題は、非常に放縦な感じで、それは必ずしも悪いものではないのですが、 あまりにも一つの方向に突き進む音楽の性質と相俟って、もうたくさん、という感じに なってしまいます。 … どの曲にもフックが無いのです。ボーカルを除けば、 良質なサウンドトラックアルバムになりそうな気がします。 しかしこの作品は、ブッシュを現在のように有名にした過去の作品の 驚くべき伝染性を持ったポップスとは全く異なります。 … 悪いアルバムではありませんが、十分に良くもない、という感じです。

オーストラリアでアルバムのストリーミング開始

下に書いたように雪のための50の言葉がABCラジオナショナルの 今週のアルバムに選ばれ、 こちら でストリーミングされています。

「野心的で普通でない歌詞の世界は聴く価値あり」: ミュージック・シャックのキンスキー氏

キンスキー氏 はファンだといって差し支えないだろう:

ディレクターズ・カットとは異なり、 これは何回も聴かないと味わえないアルバムです。 他のどのケイト・ブッシュ・アルバムとも違っています … いままでのケイト・ブッシュのアルバムは長い年月をかけてまとめられたように聞こえます。 このアルバムは非常にまとまって聞こえ、いままでのアルバムであれば 楽器で埋められていたようなスペースが残されています。 雪のための50の言葉は このスペースを使って、氷河のテーマに完璧に合わせながら、ユニークな雰囲気を 作り上げます … 1978年以来ののケイトの音楽のファンとしては、このように野心的で、普通でない歌詞の 世界を持ち、聴く価値のあるアルバムを聞けることは、大きな喜びです。 雪のための50の言葉はじっくりと聴くべきです。 これはバックグラウンドミュージックでありません。そして、プレイリストの中で他のトラックの間に 散らばらしてはいけないアルバムです。 まだ時期尚早ですが、これはケイトの最高のアルバムになるかもしれません。

「魅力的な作品」: ペイスト誌

ペイスト誌でのライアン・リードによる魔法をかけられたようなレビュー:

雪は、人間世界の営みのいろいろな瞬間に現われるノイズに対比して、 幻想的なピアノや雪が蒸発してゆく音の圧倒的な静かさによって 定義される … 冬の情景やゆっくりとした雰囲気が、 まさに1989年のセンシュアル・ワールド以来最高のブッシュの作品である 雪のための50の言葉を作り上げている。 それぞれの曲には共通した構造が見られ、 ブッシュに期待する音の技巧が同じレベルで凝らされている。 …」(10点中8.5点の評価)

今晩GMT午後9時にKCRWでケイトのインタビュー

追記: この番組でのインタビューは、その全てを こちら のストリーミングや、こちらでの MP3ダウンロードで聴くことができます。

カリフォルニアのKCRWの国際チャンネルではケイトのインタビューを今日ライブで放送 する予定です – こちらをクリックしてください(9pm UK/Ireland, 1pm California, USA)。 さらにこちらのブログでは、番組関係者から本来出回らないはずの部分も出ています! (ルイーズさんより)

UK時間で本日21時までケイトのサイトで「タホ湖」をストリーミング中。

ケイトの公式サイトで 雪のための50の言葉の2曲目の曲をストリーミングしています。 アルバムのアートワークややさしく降る雪も見えます。 素敵です。 これから毎日1曲ずつストリーミングされていきますが、 木曜日の7:30にはなにか特別なことがあるかもしれません。

Lake Tahoe still video

 

ケイトの公式サイトで毎日1曲ずつアルバム曲をストリーミング

KateBush.com では雪のための50の言葉に収められている新曲を、 今日から2011年11月21日のリリース日までのあいだ毎日1曲ずつ GMTで19:30から21:00の間ストリーミングします。

50の言葉のアナログ盤情報

ケイトの公式ウェブさいとより:

皆さん
アナログ盤を愛するみなさんにお知らせしなければならないのは、 残念なことに、50の言葉のアナログ盤リリースは、英国以外は全て2〜3日遅れるということです。 これはプレスに少し問題があったため、工場からの出荷が遅れたためです。 よい知らせは、音がたいへん良いということです。 USA盤のアナログは11月25日ごろ店頭に出るはずです。ヨーロッパとその他の地域では 28日のリリースになります。 もう少し早くなる地域があるかもしれません。 残念なことですが、皆さんには、たとえわずかな遅れが出るとしても、私が常に最高の品質を求めている ということがお分かりでしょう。 皆さんの手に渡ったとき、お楽しみいただけることを望んでいます!!
心をこめて
ケイトより
P.S. アナログ盤は、風が穏やかなので、低繊維ダイエットには適してるんですよ。

(ショーンより: 「なるほど、ケイトさん、エアリアルのアナログには鳥がたくさんいたってことですね;)」

50 Words For Snow vinyl

「退屈な4分間のインスト」: ユニバーシティ・オブザーバー

ユニバーシティ・オブザーバーのニーアム・マーフィーは、あまり雪のための50の言葉を気に入っていない といって差し支えないでしょう。 D+ の評定と、ほとんど褒めていないことを見れば明らかです:

このアルバム中のゆっくりとした曲たちは、ときに今年のクリスマスカラオケに なりそうなパワーバラードで救われます … 6分間に渡るイントロは退屈ですが、この立ち上がりのハードルを越えれば、 曲にはエンヤのようなクオリティがあり、 ときにソフトロックの息吹を感じます。 この実験的な作品は、ときに奇怪な台詞、退屈な長さと明らかに非祝祭的な雰囲気にもかかわらず、 最悪ではないということができます。…」

「ポップスの歌とクラシカルなコンセプトの融合」: ルーシー・ジョーンズ(テレグラフ・ブログ)

ルーシー・ジョーンズはテレグラフのブログ50の言葉は30歳以上の人間はポップソングをかけないということの 証明だと言っています。 彼女は本当にポップスを望んでいたんでしょうか?

彼女はさまざまな部分を集めてできる存在なので、批評は難しいです。 彼女は天才であると思うので、私はこのアルバムを好きにならなくては気持ち悪いと感じます(iTunes2番目にたくさん聴いているアーティストです)。 好きになりたいと思うし、好きになれない自分が不思議です。 … 問題なのは、雪のための50の言葉がコンセプトアルバムであるということです。 ここでじっくりとにらみを利かせておきたい … コンセプトアルバムをつくるアーティストの明らかな落し穴は、その歌が「単調に」聞こえるというリスクです。 たとえところどころきわだった瞬間がいくつかのトラックの中にあるとしても … 50の言葉も、この批判から隠れることができません … 熱心なファンは、このアルバムが崇高であり、ケイトらしさに満ちていると思うでしょう: 予測できず、教会を超え、決まり文句にとどまらない … しかし、雪のための50の言葉でがっかりする人もいるでしょう。 ケイトはバーを高く設定してしまいました。それでもこれは、 宗教的なものを除けばいままでで最高のクリスマスアルバムに違いありません。

ケイトのサイン入りの’50の言葉’のプリントが 賞品のキャンペーンをHMVが実施中

UKのHMVでは、 CDやアナログ盤を予約購入した人を対象の キャンペーンをやっています。 賞品は、ケイトのサイン入りのアルバムカバーのリトグラフです。 このキャンペーンは11月21までです。

アルバムはもう1週間以内に発売にはるので、予約販売の期間はもうすぐ終わりです!

Win signed Kate artwork at HMV

西ロンドンにアルバムの巨大ポスター

50の言葉の圧倒的に巨大なポスターが、 ロンドンのウェスト・クロムウェル・ロードのテスコの近くに出現しました。 その上、シェファード・ブッシュの近くにはデジタル版もあります。 すぐに写真をお届けします!

「なかなか難しいが素晴らしい音体験」: トーン・オーディオ

トーン・オーディオの トッド・マルテンスはこのような詩的に表現しています:

ピアノの職人、ブッシュはコンサート・ホールより室内楽の人でした。 しかし、雪のための50の言葉は、 底流にある混乱を隠すように賢く巧みに作られた心地よさで、 リスナーにもっと近づくことを求めます。 … 雪のための50の言葉でブッシュは、 彼女の80代の作品の多くに流れる厳しいリアリズムと、風変わりで この世のものではないような考え方との違いを浮き彫りにします … しかしながら、エルトン・ジョンとのデュエット、「ウィーラー街で雪に閉じ込められて」は、 厳しく心に刺さる感傷の世界です。 ざわめき、怖れをかきたてるピアノの周りには、 ロンドンのスモッグ、2001年9月11日のテロ攻撃と燃えるローマなどの風景が、 見えてきます。

今晩、ケイトのオフィシャルサイトで‘スノーフレイク’をストリーミング

ケイトの新しいアルバムで印象的な最初の曲スノーフレイクは、 ケイトの息子バーティ(アルバート・マッキントッシュ)をリードボーカルに フィーチャーしていますが、今夜ケイトのサイトで特別に1時間だけストリーミング サービスされます。 こちらでご覧ください。 – 今!

snowflake

「聴く者をブッシュの超現実の世界に連れてゆく」: NPR

追記: 下のリンクにはアルバム全部が聴けるストリーミングがあります。 CDやアナログ盤が実際に届くのを待ちわびる人は、 聞かない方が良いかも! :)

NPR のアン・パワーズによる雪のための50の言葉 への賛辞:

英国アートロックの女王が11月21日にリリースする 10枚目のアルバムに込めた作業を真似して見るのも面白い。 この作品に様々な側面からアプローチし、様々な隠喩で評し、 想像力を抑えながらまとまった考えを作り上げようとしてみよう。 ちょうどケイト自身が冬の天気によってインスパイアされる物語だけに自らを制約しようとしたように。 … とはいえ、その雪を掘りながらファンの口に上る最初の言葉と言えば、「お帰り」の一言だろう。 7曲の長い曲で構成されたこのアルバムは、 彼女のデビュー以来最高の高みに立つ作品である。 … 贅沢な物語を独創的な構成で表現し、 ケイトの描く超現実の世界にリスナーを連れ去ってゆく。 どの曲も、まるで魔法の豆の木がケイトの鍵盤から育ってゆくように、 どんどん大きな存在になってゆく。 音はミニマルながらジャズ風でエレクトロな部分もあり、聞くものを引きつけてゆく。 … 雪に焦点を当てることで、ブッシュの作品の中でももっともまとまりを感じさせる作品である。 … 1つの長い物語を提供する代わりに、1つのテーマの上で展開を作り、 その要素を優雅につなぎ合わせながら、 ブッシュは詩人のようにコンセプトアルバムをまた作り上げています。 … 彼女を大事にする我々は、この仕事が早くなされたことをとても嬉しく思います。 … 一度は世捨て人とも呼ばれたアーティストですが、ふたたび実りの多い秋の季節に入っているのかもしれません。 この調子でやってくれることを望みましょう。 たとえば、星の光のための100の言葉、とか?

Kate Bush

「ゴージャスな歌の物語」: Musicfeeds.com.au

オーストラリアの ミュージック・フィード のステファニー・マイヤーズによる50の言葉の非常に好意的なレビュー:

ブッシュの音楽と生きる遺産ともいえるアーティストとしての姿は、音楽界の仲間やの同時代の人から敬われています。 それがまさに現われたアルバムです。さらにこのアルバムでは、 ゆっくりと時間をかけて味わいたくなるスローでゴージャスな 歌の物語をつくるのに長けていることが、良く分かります。 それは本質的には、過去に囚われることなくそれ自体で輝きを放っている 作品たちです。 … 雪のための50の言葉は、ケイトの最高の姿を見せてくれます … また新しい世代の献身的なファンをつくってゆく可能性が十分あるアルバムです

「アルビオンの雪の女王のエレクトリックなエデンが、また王座を取り戻す」: クラシック・ロック

クラシック・ロックのスティーブン・ドルトンは、50の言葉に7/10点をつけました:

かっちりしたピアノ、ミニマルなパーカッション、軽いタッチのエレクトロニクスで作られた 現代的なポップ風室内楽で綴られるさらにしなやかで実験的な秘め事 … それぞれ7分以上もある作品は、拡大を続けるジャズロックの音世界にまで広がり、 金切り声からローリー・アンダーソン風のつぶやき声までに渡る声で届けられる 断片的な物語を交えながら広がります … ブッシュは、ポリー・ハービーやレイディオヘッドなどが探求する 最近の先進的フォークの動きと呼応する英国的な田園風景の 21世紀の血脈を叩いているように思われます。 アルビオンの雪の女王のエレクトリックなエデンが、また王座を取り戻します。

「驚くほどユニークで実験的」: エブリシング・エンターテイメント

エブリシング・エンタテイメント・セントラルでは、 ティム・デイビッドが 50 Words For Snow に4/5点のレビューを書いています:

「画期的なトラックだ。 一番短いトラックでも7分をちょっと切るぐらいなので、7曲のアルバムだが 長さで言えばこのLPは他のアルバムに比べて決して引けを取らない。 そして質の話をするならば、この作品は他の作品との比較を 拒んでいるようだ。驚くほどユニークで実験的なアプローチで 制作されており … このアルバムが持つしっかりとした肌触りのクラシックな感覚はブッシュを メインストリームの音楽の世界にふたたび連れ戻すことだろう。 」

オーストラリア: ラジオ・ナショナルの‘今週のアルバム’

オーストラリアでは、国営放送のABCの ラジオ・ナショナル チャンネルで50 Words For Snowをリリースに先立って 11月17日からの「今週のアルバム」に選び、 オンラインで全トラックを聞くことができるようになります。

いくつものレベルの楽しみがある: ケイトはいつも革新を続け確固とした個性を 持っている。他のアーティストの尊敬を集める立場でもあり、 アルバムのリリースは定期的に行われるものではない。 したがってアルバムが出たときにはそれを心して聴くことが求められる … このアルバムは静謐で贅沢で、別世界を垣間見れる作品である。

「比類なく感情を掻き立てる音風景」: クラッシュ

クラッシュのニック・リヴァインはケイトのニューアルバムに9/10をつけました:

世の中の人やジョン・ライドンを参らせてしまうケイト・ブッシュの素質とは 何だろう … 輝く才能とインスピレーション … 音楽性は揺るぎない … しかし、本当にすごいのは彼女の イマジネーションだろう。 雪だるまと逢い引きをするなんていう設定の曲を書く人は 他にはいない。

「崇高なほど奇妙」: ローリング・ストーン

Will Hermes in ローリング・ストーン誌のウィル・ハーミス(オンラインでは未登場):

このLPには、冬の風景のテーマ – あるいは 仮想のスノードームの中に感情の世界が表現されています … 音楽は贅沢でたゆたうような雰囲気に満ちています。 ボーカルは、1982年のLP、ドリーミングにおける凶暴なサイバーベイブや 愛のかたちでの少し変わった天使のような歌とは全く違い、 同じぐらい崇高な雰囲気です … ここでは全くくつろいで自分の世界を作っているように聞こえます。 それは、驚くばかりの空間です。

「素晴らしくユニークで優美」: ホリー・モリー

ホリー・モリーでは、ティム・チッピングが 賛辞を表現する言葉に困っている状況です:

50 Words For Snow はなかなか正体を現さない、濃密で確かな作りの作品である。 それは、完璧で要を得たピアノの演奏をバックにした ショートストーリーとして歌われる曲の集まりというだけではない。 かつてとどまる所を知らなかったケイトの声は、丸みを帯びるようになり、 感情や性格を的確に伝える能力はそのピークを迎えている。 ポップミュージックによって伝えられる限り、最高のものだといえる。 十分な評価を受けていないエアリアルが子供を中心にした遊び心のある 作品であるとすれば、50 Words は大人のための深い作品である … このアルバムに接するあたって、どこか欠点を見つけようと思う気持ちや、 以前の完璧さに比べると衰えが見えるところや過去のアーティストであるという 感じ、あるいはベストの状態ではないというところを見つけようという気持ちもあった。 しかし、結果としてはその正反対の印象であり、さらにその上を行っている作品である。 50 Words For Snow は、とにかくとてつもないアルバムである。」アルバムの評価は 10/10でした。

BBCミュージック: 「崇高かつ滑稽」

BBCミュージックのサイトでのジュード・ロジャースによるケイトの ニューアルバムのレビューから:

深遠さとおかしなものを等しくもたらしてくれる季節を反映している。 暗い夜、床につくときに湧き起こる憧れと孤独の感情と、 同じ夜に繰り広げられるパーティーの三角帽子のばかばかしさが同時にある … このアルバムは、ケイトがステージの中央に現われたときに初めて、 ケイトが自分自身に課した高みにリスナーを連れてゆく。 彼女の声は明らかに歳を感じさせるものだが、アーシーな雰囲気で ハスキーで重く、 彼女のピアノのサスティンペダルと合わせて驚くべき効果を 発揮している。 … 50 Words For Snow を聴いていると、 ブリザードの中でときに行く道が見えなくなるかも知れないが、 そこには彼女のつくる世界に私たちが揺さぶられる 瞬間があり、 このように包み込んでくれる彼女の才能の深さを思い知らされる。 彼女の持つ炎と氷によていかに感動を与えられるか、計り知れない。 …

50 Words For Snow 関連のニュース集!!

50 Words For Snow

スウェーデンのラッキーなファンは、 ストックホルムで11月15日に開かれるアルバムの試聴会に参加できるかもしれません。 詳しくはこちらの フェースブックページをご覧ください ◆ DJのマーク・ラドクリフも、BBCラジオ2とラジオ6で ケイトへのインタビューを行います。放送時間は分かったら載せます ◆ 11月18日(金)発行のアイリッシュ・インデペンデントデイ・アンド・ナイト誌では、 イーモン・スウィーニーがケイトのインタビューを行っています。 イーモンはこう言っています。 「ケイトにインタビューできたのは特権で、とてつもない名誉です … (アルバムは) 聴くたびにますます愛おしく思えてきます。」 ◆ カナダのCBCラジオでは、 ジアン・ゴメシの ラジオインタビューが登場予定です(日程未定) ◆ クラッシュ誌の 12月号は、ニューアルバムに9/10点を出しています ◆ リスト 誌には、50 Words For Snow の4つ星レビューが出ました マルコム・ジャックによれば「冬景色のようなピアノで作られたシンプルで奥行きのあるトラックに乗って、 官能的で魅力にあふれたブッシュがその場を支配する」 ◆ ワイヤー誌の レビューは少し複雑な反応ですが、このアルバムは 「真夏の日を描いたエアリアルに対する答えになる冬のアルバム」 だと言っています。 ◆ UKのジャーナリストピート・パファイズの今日のツイートによれば、ニューアルバムは「愛のかたち以来、最高の作品」だそうです ◆ ツイッターといえば、 試聴をしたジャーナリストたちはこのアルバムについて賞賛のツイートを しています(“まさに夢のように豪華でぜいたく”、“特別な作品”、 “参りました”、 “めちゃくちゃ好き”、 “エルトン・ジョンと共演の曲は驚異的” など)。 こちらのサイトフォーラムでは、 50 Words For Snow についての メディア紹介のリストがあって、ずっと更新されていますので、 こういったものもごらんになれます。 (ルイーズさん、ありがとうございます!)

50 Words For Snow album package

BBCフロント・ロウのインタビューがまもなく登場 – ケイトが初のツイートでファンにあいさつ!

John Wilsonジョン・ウィルソンは、BBCラジオ4の番組フロント・ロウで、 エアリアルでもディレクターズ・カットでもケイトのインタビューをしてきた人です。 その彼は 50 Words For Snow でもその習慣を破ることなく、 本日ケイトにあってインタビューをしたようです。 (放送日と時間はできるだけ早く情報を手に入れます)。 彼は、自分のツイッターアカウントで ケイトのメッセージを発表しました: 「皆さんからの応援メッセージありがとうございます。 本当にありがたいです。皆さんがこのアルバムを気に入ってくれると嬉しいです。ケイト」 ほう。

オランダのOOR誌のインタビュー

50 Words For Snow についてのオランダ発のインタビューについて、 詳しくは、こちらの サイトで見てください。 (OORのサイトからのスキャンです)

OOR magazine interview with Kate

フィンランドのヘルシンギン・サノマットの‘Nyt’に新しいインタビュー

フィンランド発のケイトの新しいインタビューが、 ケイトを表紙にフィーチャーしたNyt誌で 明日発表されます。 これはフィンランド最大の新聞、ヘルシンギン・サノマットが毎週金曜日に 付録で発行している週刊誌です。 (情報はペッカさんより)

Kate in Nyt Magazine Finland

 

 

BBCラジオ2で12月6日にジェイミー・キュラムがケイトにインタビュー

Jamie Cullum

BBC の発表によると、ラジオ2でケイトのインタビューが 12月6日午後7:00 に放送されると発表しました。 このインタビューはラジオ2プレゼンターであり、 プラチナアルバムアーティストのポップ-ジャズシンガーソングライターの ジェイミー・キュラム が行いました。 内容はミスティーの複雑なリズムのことや、 二人が好きなビリー・ホリデイやスティーリー・ダンのこと になるようです。

クワイエタスに新しいインタビュー

ジョン・ドランは、前夜赤ん坊に寝かせてもらえなかったようで、 クワイエタスの ケイトのインタビュー中、寝ないようにするのに苦労したようです。

KB: … お疲れのようですね?

ええ。

KB: 徹夜ですか?

まあ、そうですね。

KB: [上品でにぎやかな笑い]

しかしながら、このジャーナリストはなんとかがんばって、 目を開けたままでインタビューを終えたようです:

ブッシュは比類ない位置にあり、彼女を他と比較することは (男女を問わず)あまり意味のないことである … ケイト・ブッシュの曲作りの才能は歳を重ねるごとにますます高まっている。 物干し紐に吊るされ風になびく洗濯物の様子にカップルのセクシャルな関係を 見抜く目があり … それぞれの曲には明らかにたいへんな仕事が 込められています。 他のアーティストが見向きもしないようなあちらこちらに エロティックな要素を見出すのです

ともあれ、インタビューはこんな感じで進みます …

KB: [大笑い] ジョンさん! もしもーし? 大丈夫ですか? もう寝たくてしょうがなくて話を聞いてないんじゃないかと思って。 本当に大丈夫ですか?

はい、はい! 大丈夫ですよ … そんな風に聞こえるかもしれませんけど。 [ちょっと焦りながら] 電話が終わったら、コーヒーを大きなカップで飲みますよ。

Kate in the snow

デルの新曲とビデオ

ベースプレイヤー、そしてエンジニアとしてケイトと長く仕事をしてきたデル・パーマーが フォールン・エンジェルというソロの新曲を発表しました。フェースブックのページで見つけてください。

Del Palmer

ケイトのアルバムがラウダー・ザン・ウォーで10/10点を獲得

ラウダー・ザン・ウォー50 Words for Snowに 10/10で大ヒットの太鼓判を押しました。 このポップカルチャーと音楽を扱うウェブサイトは 「国境も境界も関係なく、いつも新しい音、新しいブームを求めて。 21世紀の音楽を私たちの手に」を信条とする ジョン・ロブが運営しています。

いままでのキャリアでもピークを重ねてきたケイトのピークとも言える ケイト・ブッシュの最高の作品である … 全くの天才、そして曲の中での怒り、欲望、痛み、悲しみなど、作品がかき立てる感情に 比べれば、ほとんどの人はうなっている犬のように見えてしまうかもしれない。 このアルバムの中で表現されている感情は移ろい、曲の背景ともなっている 雪のように溶けてゆく。 玄妙な雰囲気が作り上げられ、移ろってゆく。 … 天才の仕事としか言いようがない驚異的な体験で、これは彼女のキャリアでも ベストのものとなるだろう。 ケイト・ブッシュはいままでも歳を重ねるごとに良くなってゆくタイプの アーティストで、 おきまりの若者向けポップの世界に縛られず、 いつもソウルを持った本物のアーティストで、 冒険することを恐れない作品作りをしている。 とてつもない傑作で、心を決めて探求してみる価値のある作品である。」

ベック・サイアンがニューアルバムを制作中

ベックの最新ニュースレターが フィーチャード・アーティストをページに出しました。 彼女は、3枚目のフルのCDとなる Ye Olde Silent Innの制作にとりかかっています。 ハワースの近くのスタンブリーにある有名なホテルの周りの風景と 幽霊の伝説を題材にしています。 夜、‘up on the moors’、ブロンテの郷、亡霊、呪われた階段、 追いはぎなどなど。 ベックはこのアルバムを2012年にリリースし、秋にそのホテルで発表記念を したいと考えています。 それまでの間はこのアルバムのスペシャルオファーも出ている ニュースレターをチェックしてください。

NME: '50 Words For Snow’の第一印象

プライア・エランがNMEのレビューブログに、 ケイトのニューアルバムの1曲ごとの第一印象を掲載しています。

ブッシュのもっともシンプルな姿、すなわちピアノ弾き語りを 待ち望んでいたファンは、その願いを叶えられた。 ブッシュは白い雪を巡って魔法をかけるように歌い、 過度ともいえるロマンティシズムで時間をかけてムードを 作ってゆく。 … このアルバム全体を貫いて深く流れるテーマは何か? 心の伴侶が時間、場所、理由を越えてお互いを見つけると言ったことか。 …

判定: 「アルバムのコンセプトは優美に、そして丁寧に表現されていて、クリスマスにもちょうど。 ここには、何回も聞いて初めて感じられる深みと妙なる魅力がある。

ワード誌が表紙と5ページのインタビューでケイトをフィーチャー

Kate - Wordワード12月号の定期購読版が発行されました。店頭版は今週末にも店に並ぶはずです。 これにはご覧のような素敵なカバーに加え、もう1枚ケイトの新しい写真が載っています。 「神秘の踊り」というタイトルの、ドリアン・リンスキーによる 5ページ以上にわたるしっかりしたインタビューと、 アルバムの非常に好意的なレビューも出ています:

凍りながら降る雪は、まだ序章にすぎないその音は冬のエアリアルともいえるだろうきっとあなたの気持ちを揺り動かし、あなたの心を変えてゆくことだろうここにはいつものケイト流の驚きと個性が確かにある。 …」

ホームグラウンド79は12月に発行予定

さて、今年はすごい年でしたが、ホームグラウンドの79号は、50 Words For Snow の発売のあと、12月に発行されることに決まりました。これが印刷された形で発行される最後の号になります。 hg79

ニューアルバムの感想、シングルの Wild Man、そしてディレクターズ・カットについても扱う予定です。

また、この79号に載せた記事は、来年発行予定のホームグラウンドの本の最後のセクションに納められます。

ディレクターズ・カット50 Words for Snow のレビューや、ケイトについての色々なことを書いて送ってください。

投稿用のアドレスは HomeGround@mogggy.orgです。

オーストラリアとイタリアの新しいインタビューとビルボードの Wild Man レビュー!

The Australian logo続いてニュースです。 ディレクターズ・カットに続く新しいスタジオアルバムのプロモーションキャンペーンが進行中です。 来月発売の50 Words For Snowのプロモーション用の最新インタビューが オーストラリアンに出ました。 イアン・シェドゥンとのインタビューで、ケイトはニューアルバムの制作について こう語っています:

「何年も前からやりたいと思ってたんですけど、それはあまり具体的なものではなくて、 ばくぜんとしたアイデアでした。 ディレクターズ・カットの制作中も頭の中のどこかでうごめいていましたが、 ディレクターズ・カットを完成させるまではちゃんとした形で考えることは できませんでした。 … けっこう前から冬のレコードみたいなものを作ったらいいかなとは思っていたんですが、 そこから雪をテーマにしたら面白いかなというアイデアに結びつきました。 … みんな雪は好きだと思うんです。何ヶ月もの間、雪に閉じ込められたりしたような人以外はね。 魔法のような力があります。 全部の曲が雪のことを歌っているわけではありませんが、 全体を通じてのテーマがあるんです。…」

ケイトはまた、この作品をいわゆるクリスマスアルバムとは見て欲しくないと 言っています: 「ひとつ心配だったのは、 タイトルを聞いてカバーアートを見たときに、皆さんがクリスマスアルバムだと思わないかな、 ということでした。 …まあそうは言われていないようで、本当にそうではないので良かったですけど。 もし誤解されていたら、がっかりすると思いますしね。」

アルバムのゲストには感激のようです。 アルバムのタイトルトラックにフィーチャーされているスティーブン・フライに ついては、オーストラリアンのインタビューでこう言っています: 「重みの効いたいい声の人を探していたんです。 この曲のアイデアは、まともな言葉から始めて、そこからばかばかしいとしか 言えないような言葉にたどりつくということだったんですが、 面白い曲にしたかったので、これはとても愉快でしたね。」

‘Snowed in at Wheeler Street’でのエルトン・ジョンの パフォーマンスについてはこう言っています: 「いい演奏でしたね。声がとても魅力的です。 もしも断られていたら、あと誰に頼んだらいいか困るところでしたけど、 受けてもらえました。 このアルバムについてお願いをした人には、全員に話を受けてもらっているので、 私はとてもラッキーですね。」

イタリアでは、XLという雑誌がケイトのインタビューを載せていますが、 まだ英訳を待っている状態です。 このインタビューの中でケイトは、他の女性アーティストに影響を及ぼしているという ことを言われてとてもうれしそうにしています。 また、レディー・ガガの音楽を聞いて、彼女はすばらしいと言っています。 情報はルイーズさんとrblazonさんからいただきました。 ビルボード誌では Wild Manのレビューがあり、 このトラックは「変な気難しさ」があり、 「スティーブ・ガッドのドラムとジョン・ギブリンのベースが作る ピシッとした土台の上にダン・マッキントッシュの表現派風のデジタルギターの渦が 自由に踊るさまは、ヘッドフォンで聞くのにぴったり」と言っています。 リンクはグレッグ・ギリギャンさんから。

Qとアンカットでも 50 Words for Snow に4つ星レビュー!

モジョ誌でのピート・パファイズのとても好意的な4つ星のレビューに続き、 あと2つニュースが届きました。 Qでは次の号でこのアルバムのレビューを出しますが、 これは4つ星になります。 ビクトリア・シーガルはこう書いています: 「最近の氷河のように遅い仕事ぶりからして、 ケイト・ブッシュの10作目のアルバムが雪をテーマにしているのは もっともとも言える … 2005年のエアリアルに続くこの作品は、 楽しげなクリスマスアルバムではない … ブッシュのハスキーな歌は重いピアノの霧の間から立ち上り、 Snowflake の歌詞のような白銀の冷たさを演出します。 それは、レッド・シューズのモーメンツ・オブ・プレジャーに通じるようにも 思われます。 また、Misty は奇妙な雪だるまのラブソングで、人間の暖かみに あこがれているという内容です。」 Qでは、別の場所でも Misty をダウンロードするべき曲として推しています。 UKでQとともに音楽月刊誌の双璧をなすアンカットでも、 このアルバムに4つ星の評価をつけ、 「アルバム・オブ・ザ・マンス」に選んでいます。 レビューでは、ジョン・マルヴィーは Misty が「とんでもない」曲だといい、 また Among Angels については「氷のように美しい」と評しています。 Snowflake と Lake Tahoe については、「ゆっくりとした長い曲で、 …全体を聞くとすごさが分かる」と書いています。

Mojoの次号でケイトのインタビュー!

モジョの次号にご注目を! もう来週にも出るはずです。 これには、50 Words For Snowについてのケイトの新しいインタビューと 事実上初めてのアルバムレビューが出るはずです! くわしくはこちらのモジョのサイトで。

追記: レビューでは50 Words for Snowに4つ星をつけています。 情報は、DecemberWillBeMagic, SkyVibes, Ianの3名から。

Mojo cover

「53才を迎えた彼女にとって、真珠の輝きを見せる氷の毛布でかたちを変えた世界を 見ることは、全く新鮮な体験だというだけでなく、 50 Words for Snowが私たちを誘い込むナルニア国的な玄関口なのだ …」

.

「さらに結論を求めていくとすれば、これらの曲の精神的な根源は 深いところから発しているということを認識することになる。 ‘あなたの周りに天使が見える’ と彼女は歌う … その響きは愛のために夢中になっているようで、これはまさに彼女の世界である。”

 

ケイトの雪の写真2枚が公開に

アマゾンのサイトに今日、ケイトの新しいプロモーション用写真2枚が公開されました。 すばらしいです!

更新: ケイトは、 この写真で着ているファーが人工のものだと 告白しています。 イェティもこの写真のために害を受けたりはしていません。 こちらこちらも見てください。

Kate Bush - 2011

Kate Bush - Snow 2011

Kate Bush - Snow 2011

テオ・ブレックマンが「ハロー・アース – ケイト・ブッシュの音楽」をリリース

多くのケイトの曲をカバーして自分なりのアレンジをライブで披露して来た テオ・ブレックマンのことはずっと追いかけて来ました。 このたび彼はウィンター&ウィンター・レコーズ からアルバムを発表することになりました:

Album Cover

アメリカの作曲家のチャールズ・アイブズの作品に取り組んでその仕事でグラミーにノミネートされ、 ECHOジャズで受賞したレフュージ・トリオをリリースし、 加えてソロアルバムをリリースした後、 テオ・ブレックマンはこのたび英国ポップ界の歌姫ケイト・ブッシュの 作品集を出すことになりました。

アルバムには14曲が収録されますが、詳細はこちらにあります。

ニューヨークタイムズ: 「ケイト・ブッシュは彼にぴったりです。 彼女のキャリア、きわどくアートロック的な部分とオルタナティブな音楽性が、 自身のロウキーな感じと響きあう感じです。 そして彼女もまた音の響きを大事にし、 無意識の世界に深い興味を持ち、 恐ろしいような裏の意味を持った曲を作る、 迫力のあるシンガーです。

シド・アーサーがニューシングル‘Ode To The Summer’ を発表

Syd Arthur 2011

ずっとサイトを見てくれている人は、 ケイトの甥にあたるレイブン・ブッシュがバイオリンとマンドリンで参加している カンタベリーのバンド、 シド・アーサーのことを ご存知でしょう。 ライブバンドとして実績を重ねていて、 60年代後期から70年代前半の音楽の先人たちにインスパイアされています。 ぜひいつかライブを見たいと思っています!

ユニークでしっかりとした美学をもったこのバンドは、 刺激的なミュージックシーンの中でも重要な位置を占めるようになりました。 その中でいくつかのバンドとは、深いつながりを持っています。 そこには友愛の精神でのつながりと、ソフトマシーン、フェラ・クティ、キング・クリムゾンといった バンドへの共通の愛があります。

シド・アーサーはさいきん、ニューシングルの「Ode To The Summer」が ドーン・コーラス・レコーディングから10月31日に発売されることを 発表しました。 B面はアルバム未収録のBlack Wave で、 デジタルと限定版7インチで 発売されます。 Ode To The Summer は、主要オンラインショップでプレオーダー可能になります。 またこちらからプレオーダーすればすぐにダウンロードできます。 さらに、限定盤の7インチのグリーンビニールは、数量限定で www.sydarthur.bandcamp.com から購入可能です。

すばらしい音です – ぜひチェックしてください。

 

Wild Man のCD発売は無し

ラジオでお聞きになった話と違うかもしれませんが、フィッシュ・ピープル からWild Manのディスクでの発売は無いと確認しました。 いろいろなところからダウンロードできますので、そちらから入手してください。 リストはこちら

Wild Man – USでのダウンロードは「まもなく」開始

追記: USのiTunesで買えるようになってます

アメリカでのiTunesなどのダウンロードサイトではいつ Wild Man が買えるようになるのかと、 たくさんの人から問い合わせをいただいています。 ケイトが今回契約したUSのレーベル アンチ-レコーズからは、 ロジスティックスの問題が解決しだい、 iTunesやアマゾンなどデジタルショップで Wild Man をもうすぐ 買えるようになるだろうというように聞いています。 10月18日(火)を目指しているという話でした。 状況が変わり次第お知らせします! (ディーン・オヒリスさんより)

Wild Man を10月13日にラウンドテーブルでレビュー予定

追記: ラウンドテーブルでのレビュー予定はケイトのオフィシャルサイトでも 確認されました。 詳しくはこちらを 見てください。 さらに、ケイトのニューシングルは、BBCラジオ2で来週のレコード・オブ・ザ・ウィークに 選ばれました。BBCラジオ6ミュージックBでは10月15日土曜日からの1週間のプレイリストにも 入ります。

ラウンドテーブルは BBCのシングル盤をレビューする番組で、 スティーブ・ラマックの司会で10月13日18:00放送です。 ほぼ確実にケイトのニューシングルWild Manを レビューする予定ですが、 パネルにはレディオヘッドのエド・オブライエン、DJのヒュー・スティーブンス、スロウ・クラブの レベッカ・テイラーが入るはずです。

視聴者ラウンドテーブルでは、 皆さんもコメントを出すことが出来ます。 BBC 6ミュージックのサイトから入って、 6ミュージックのリスナーたちと一緒に意見を出しませんか。 ツイッターからは、ハッシュタグ #roundtable で。 BBCラジオ2でもメールで 意見を受け付けていますし、 皆さんの地元のラジオ局でも コメントを受け付けています。 ぜひ皆さんのご意見をお届けください。

'Wild Man' についての、ある情報

Kate as Tibetan Girl

チベットモードのケイト(2011)

昨日のケイトのニューシングルの発表で、フェースブック、ツイッター、我々のフォーラムは 大騒ぎになっています。 すでにお知らせしたように、このシングルのダウンロードの詳細はケイトのオフィシャルサイト (こちら)で見られるようになっています。 まだお聴きになっていない方は、ぜひゴージャスなアルバムバージョンを聴いてみて下さい! 奇しくもケイトのシングル発売の日に、 イエティのことが ワールドニュースの見出しに出たということで、 世の中の人たちは(私たちも) イエティ伝承 をおさらいしているようです。 不思議なめぐり合わせです。

デル・パーマーがフェースブックの自分のページで Wild Man に参加したミュージシャンを明かしています: ケイト: シンセサイザー、フェンダーローズ、スティーブ・ガッド: ドラムス、 ジョン・ギブリン: ベース、ダン・マッキントッシュ: ギター、 アンディー・フェアウェザー・ロウ: バックボーカル、デル・パーマー: 鈴 録音はデル、ミキシングはスティーブ・テイラーが担当しています (自分たちのことをスノウメンと呼んでいます)。

デジタルスパイにも、このシングルのすばらしいレビューが出ました。 また、アップカミングにも出ています。 ハフィントン・ポストでは、このシングルを 掴みどころのないオーケストラアレンジと控えめなボーカルは 昔ながらのブッシュだと評しています。 最後に、フォーラムでは この曲の 歌詞 を読み解こうとしています。 また、ロブ・マカフリーさんは、この曲の中に出てくる地名などを 地図にまとめてくれました。(ロブさん、ありがとう!)

Wild Man location map

Wild Man がオンラインで買えるようになりました!

Toll snow sculpture

ケイトのニューシングル、Wild Man が以下の販売店、国で買えるようになりました。 こちら をクリックすると、ニューアルバムの 50 Words For Snow がプレオーダーできる ショップの一覧が出ています。

iTunes: Australia |Austria | Belgium | Denmark | Finland | France | Germany

Greece | Ireland | Italy | Luxembourg | Mexico | Netherlands | New Zealand

Norway | Portugal | Spain | Sweden | Switzerland | UK

 

NMEでの Wild Man のレビュー: 「何十年も無かった最強のシングル」

仕事速いです! NMEでニューシングルのレビューがこちら に出ました。

プライヤ・エランがこう書いています。: 「あの疑いなく妙な世界が戻ってくるのを待ち望んでいた人、 不思議な新しい世界を切り開いていくブッシュの能力に期待していた人にとって、 Wild Man は堪えられない贈り物になりました。」

お忘れなく! Wild Man の初オンエアが、今日UK時間の午前11時からBBCラジオ2であります!

Wild Man premiere

こちらのBBCラジオ2のサイトでライブで聞けます。

Wild Man のシングルが月曜日にBBCラジオ2で放送予定!

ケイトのオフィシャルサイトによると、10月10日(月)にケン・ブルースが Wild Man を世界で初めて放送で流す予定です。 ケイトのニューシングルのラジオエディットが、 BBC ラジオ2 (88-91FM) のケンの番組で、UK時間の午前11時ちょっと過ぎに 流れるようです。詳しくは こちらのBBCラジオ2 のサイトで。

Wild Man が10月11日にシングルリリース!

Wild Man が、’50 Words for Snow’ からのリードシングルになります。 デジタル配信で10月11日(火)から世界同時リリースになります。 詳しくは、こちらの ケイトオフィシャルサイトで。 まだ最初のエアプレイがいつになるかはアナウンスがありませんが、 ニュースが届きしだいお知らせします。 おそらく来週前半に BBC ラジオ2でかかると思われます…

Wild Man single art

アメリカでのアンチ-・レコーズとの契約に伴いエルトン・ジョンのゲスト参加が明らかに!

Elton John

すごいニュースが飛び込んで来ました! エルトン・ジョンアンディ・フェアウェザー・ロウが、ケイトのニューアルバム ’50 Words for Snow’に参加していることが確認されました。 これは、ケイトがUSでアンチ-というレコードレーベルと契約を交わしたという プレスリリースの中で発表されました。 このレーベルは、 「本物のアーティストが自らの趣味で作り上げるすばらしい作品」をスローガンにし、 トム・ウェイツ、ウィルコ、ニーコ・ケイス、ビリー・ブラッグ、ベス・オートン、トリッキー といった人たちが参加しています。 いいところに入りました!

このリリースには、スティーブン・フライがアルバムのタイトルトラック に参加しているということも書いてあります。 アルバムについては、このように出ています: 「音楽と歌詞で綴られた風景は感情を揺さぶるもので、 このアルバムはまたしても全ての境界を乗り越えた忘れられない作品です。」 そして、このアルバム中の歌詞が一部分ですがはじめて出て来ました: “I can feel him melting in my hands…”

アンチ・レコーズのリリース全文:

ANTI- Records logo

ケイトがアンチ- と契約、 11/21に “50 Words For Snow” をリリース

「いまだかつて最も影響力のある英国の女性アーティスト」 – NME

「この圧倒的な曲作りのクオリティを見ると、ケイト・ブッシュに比較される 最近の女性アーティスト達はすっかり色あせて見えてしまう。 – ガーディアン

「ケイト・ブッシュは英国の同時代の歌手の中では最高。」 – Mojo

伝説のケイト・ブッシュが新作のスタジオアルバム "50 Words For Snow" を アンチレコーズから11月21日にリリースします。

このアルバムは 雪の降る景色を背景にした7曲の書き下ろし新曲が収録されています。 合計演奏時間は65分です。 聴く人をとりこにする音楽と詞の世界で、このアルバムはまたしても 限界をぶち破ってしまっています。

「I can feel him melting in my hands….」

"50 Words For Snow" は、 5月に発売され、たいへん高評価を得たディレクターズ・カットにつづき、 2011年内に発売されることになります。 このニューアルバムには何人かのスペシャルゲストミュージシャンが参加していますが、 エルトン・ジョン、アンディー・フェアウェザー・ロウ、そしてタイトルトラックには 英国の作家/テレビキャスター/コメンテータのスティーブン・フライ も参加しています。

Andy Fairweather Low

アンディー・フェアウェザー・ロウ

ケイト・ブッシュは、フローレンス・アンド・ザ・マシーンやファイストのような新しい人から すでに名声を確立しているトーリ・エイモスやビョークといった人たちまで、 幅広いアーティストに多大な影響を及ぼしたミュージシャンと言われています。 また、アウトキャスト、トリッキーといったいろいろなジャンルの人からの 賞賛も受けていますが、なかでもセックス・ピストルズ/PILの伝説、ジョン・ライドンは こう言っています。 「ケイト・ブッシュはすごくいっぱい手がかりをくれるんだ。 そこから答えを引き出すのは僕のやるべきことで、きっとそれが追い求めていることなんだね。」

ディレクターズ・カットについていうと、 イギリスのロック系週刊誌NMEはこう書いています。 「ケイト・ブッシュ」はいままでで一番影響の強い英国の女性アーティストである。 ケイトがいなければ? PJハーヴィーも、コクトー・ツインズも、ビョークも、トーリ・エイモスも、 ジョアンナ・ニューサムも、ゴールドフラップも、バット・フォー・ラッシズの 世に現われなかったことだろう。 女性ソロアーティストのみならず、レイディオヘッド、スエード、パトリック・ウルフなんかも みんなファンだし、アンソニー・アンド・ザ・ジョンソンズには彼女の 特徴的なファルセットが聴こえる。」

アンチ- について詳しくは、こちらの サイトで。

’50 Words for Snow’ のアルバムパッケージがお目見え!

ケイトのオフィシャルサイトで ニュー・アルバム・アートワークとして紹介しています:

50 Words for Snow - package shot

ニューアルバムへの反応にケイトも満足

ケイトが今日、自身のウェブサイトhttp://www.katebush.com にこんなメッセージを出しました:

こんにちは
’50 Words For Snow’ の発表へのいろいろな反応を見て、とても嬉しく 思っています。 本当にありがとうございます。 わたし自身、この作品の仕上がりにはとても満足していますので、 リリースになったときには皆さんに音楽とアートワークを楽しんでいただけると 思います。
それでは。
ケイト

ということで、私たちも同じぐらい新しい曲を聴けるときを楽しみに 待っています。 もういつ雪が降ってもいい、って感じです。

ガイさん、おめでとう!

Guy Pearce

昨晩、ロサンジェルスで行われてエミー賞の授賞式で、ホームグラウンドを読者として 永くサポートしてくれたガイ・ピアースさんが、 テレビシリーズのマイルドレッド・ピアスで助演男優賞を 受賞しました。 ガイの相手役はケイト・ウインスレットですが、彼女も同じ作品の主演女優賞を 獲っています。 ホームグラウンドと katebushnews.com のみんなからガイさんにおめでとう!

ピーター、クリス、デイブ、ショーンより

アルバムのニュースへの反応

50 Words For Snowケイトのニューアルバムは、事件です。 …

| BBC | BBC America | Sky News |

| The Press Association | The Guardian 2 | The Guardian 1 | Daily Mirror | Irish Times | Metro | Huffington Post |

| Rolling Stone | NME |

| Gigwise | HecklerSpray | PasteMagazine | CMU | The Morton Report | PopDust | ClashMusic | NewsQuod | Politics and Computers |

ツイッターで告白: スティーブン・フライとステファン・ロバーツが新作に参加!

ディレクターズ・カットに続いてニューアルバムがもうすぐ出て来るんだということが やっと現実のこととして受け止められるようになってきましたが、 2人のアーティストが 50 Words For Snow に参加していることを ツイートしています。

Stephen Fry

スティーブン・フライの9月2日のツイートでは、 「すごいミュージシャンと楽しくレコーディングしてきた。言いたいけど今のところは秘密なので。」 と書いていました。 今日、ケイトのニューアルバムへの参加を確認しています。 「10日前に秘密のレコーディングをしたってツイートしたけど、 やっと言えるように。あのケイト・ブッシュさんとやってたんです。」 オフィシャルサイトのニュースへのリンクもつけていました。

Stefan Robertsステファン・ロバーツは 19才のシンガーで、オックスフォードのマグダレン・カレッジのクワイアや ノリッジ聖堂のクワイアでも歌った経験を持っています。 今はヨーク・ミンスターにいます。 この彼が昨日ツイートしています。 「やた!!!僕が参加しているケイト・ブッシュのアルバムのリリース日出た!!... ニューアルバムでケイトブッシュと歌ってるんだ... 僕がソロで歌ってる曲もあるよ... やっと言えるようになってうれしい!!」

公式発表! ケイトのニューアルバムは「50 Words for Snow」!!!

ケイトのオフィシャルサイトから大ニュースです:

50 Words for Snow

「ケイトはニューアルバム『50 Words For Snow』を2011年11月21日に リリースする予定です。 このアルバムはケイト自身のレーベル、フィッシュ・ピープルからの 2枚目のリリースになりますが、 全曲新作で、ケイトがディレクターズ・カットの制作にかかっていたのと 同じ期間に録音されたものです。

オンラインストアではもうプレオーダーができます:
HMV(UK)
iTunes

"50 Words For Snow" には、 雪の降る景色を背景にした 7曲の書き下ろし新曲が収録されています。 演奏時間は65分で、収録曲リストは以下の通りです:

SNOWFLAKE
LAKE TAHOE
MISTY
WILDMAN
SNOWED IN AT WHEELER STREET
50 WORDS FOR SNOW
AMONG ANGELS

これはまったくすごいニュースです。 だれが2011にケイトが2枚もアルバムをリリースするなんて思ったでしょう?! Katebushnews.com とホームグラウンドでもみなさんと同じように盛り上がっていますが、 ニュースやレポート、レビューなどなど、リアルタイムでお届けしていきますので、よろしく… 「はやく雪降れ もっと降れ」!!!

ショーン、ピーター、クリス、デイブより

販売店からのKB10リーク情報: タイトルは「50 Words For Snow」

あと10分ほどでwww.katebush.comでの ケイトの10枚目のアルバムの公式発表が出る予定ですが、 それに先立ってフィンランドの販売店がアルバムの詳細を発表してしまいました。 公式発表が出たらすぐに、詳細をお知らせします!

ピーター、クリス、デイブ、ショーン

何かが起こる予感? アルバムの噂?

インターネット中、ニューアルバムのうわさと憶測で盛り上がっています。 私たちはこれらについてレポートするのはやめて、オフィシャルのニュースが でるまではあまり騒がないようにしようと思います。 まだケイト本人からもフィッシュ・ピープルからもUKのEMIからも 何の知らせもありません。 こういったうわさや報告はワクワクしますし、中には意味のあることもたくさん あるというのは分かっていますが、公式のアナウンスがあるまでは なんとも言えないということは確認しておきたいと思います。 何かオフィシャルのアナウンスが出てきたら、ここに報告しますし、 そこからはお祭り騒ぎになるかもしれません。 それまでは、期待を胸に待ちましょう。

パディーの展示会の写真

ずっとこの写真を皆さんにお見せしようと思っていたんです。 先月のはじめ、パディー・ブッシュさんのお誘いで、 アイルランドのキャヴァンにあるブルーウォール・ギャラリーでの 展示会「マロヴァニーへの道 – パディー・ブッシュのアートと作品」 のオープニングに立ち会ったときのものです。 こちら にもっとたくさん写真を置いています。展示会は9月10日までです。

Paddy Bush at the Blue Wall Gallery

ウイル・ヤングのカバー

最近BBCラジオ2にウィル・ヤングがニューアルバムの「エコーズ」の プロモーションで出演しましたが、この「神秘の丘」のライブカバーが 収録されています。

 

USのNPRラジオで今日ケイトのインタビュー!

Kate

「いまの環境は創作にはとってもいいです。 (ディレクターズ・カットで)前に進んでいけるという自信がちょっと出てきたように思います。 リスナーの皆さんにもとっても暖かく受け入れてもらえてうれしいです。 そうなるかどうか、分からないことですものね。…」

追記:前に出していたニュースフラッシュはひどいつぎはぎで 済みませんでした。 PCを触れる状態になかったのですが、『スマート』フォーンもまだうまく使えないのです! このインタビューはケイトのオフィシャルサイトに今日登場した ディレクターズ・カットのプロモーションですが、まったく予期していませんでした。 ケイトが自分の作品について語るのを聞くことができるのは、いつもすばらしいですが、 ある意味まだディレクターズ・カットのプロモーションの最中にいるということが 信じられない感じです。 ディレクターズ・カットに対する好意的な評価が、いま製作中の作品を作る モチベーションにつながっているというというも良いですね。 フルのインタビューはNPRのウェブサイト(こちら)で聞くことができます。 ワールド・カフェという番組で、デビッド・ダイのインタビューを受けています。 デビッド氏は以前にもレッド・シューズのリリースのときに ケイトにインタビューをしていました。

アイルランドのキャヴァンでパディー・ブッシュの展示会!

Paddy Bush すばらしいことです。 サイトを始めたころから、ケイトのお兄さんのパディーの旅や音楽はずっと フォローして来ましたが、この夏、その全てをまとめた形のユニークな 展示会が開かれます。 マロヴァニーへの道 – パディー・ブッシュのアートと作品 というタイトルで、8月13日から9月10まで、 アイルランドのキャヴァンにあるブルーウォール・ギャラリーで開催されます。 パディーさんによれば、このギャラリーはキャヴァンの町から10キロほどの 湖畔にあり、たくさんの写真や楽器が展示されますが、 その中にはケイトの作品で使用したものもあるということです。 最近、BBCラジオ3のために計画した旅行のときにパディーが 撮ったものを中心に、マダガスカルの音楽と写真を展示します。 また、パディーのビーズ細工の展示もあり、 8月17日の午後3時にはトークとデモンストレーションのイベントもあります。 詳しくは、ギャラリーのウェブサイトでこちらからご覧ください。 (それから、気づいたんですが、ディレクターズ・カットのリリースを受けて、 パディーさんはケイト本人以外にケイトの全てのスタジオアルバムの 全てに参加している唯一のミュージシャンということになりました!)

The Road to Marovany - The Art and Craft of Paddy Bush

The Road to Marovany - Paddy Bush

フィッシュ・ピープルのTシャツ販売中!

ケイトのオフィシャルサイトでは、フィッシュ・ピープルの素敵なTシャツ を売っています(長袖バージョンも)。 ストアではリトグラフも売っていますが、 リッチなあなたにはどーんとボックスセットもありますよ! 詳しくは、こちらで。

Fish People t-shirts

誕生日記念: アメリカでの人気がもうひとつな5つの理由

「自国ではこの30年の間で最も際立って独創的な英国のアーティストの一人として 認められているが、 アメリカでのケイト・ブッシュの評価は悲しいほど微妙です。 53回目の誕生日を迎えるブッシュのアメリカでの支持は、一部の献身的なコアなファンに 限られて来ました。 無視されてきたとも、階段の下に捨てられてたともいえる仕打ちです。 それでも、彼女のすばらしいアルバム魔物語ドリーミング愛のかたち、 そして「嵐が丘」、「少年の瞳を持った男」「神秘の丘」、 ピーター・ガブリエルとの「ドント・ギブ・アップ」といったシングルを聴いた人はみな、 ポップスの領域を超えて新しい音の世界をつくり、 想像力にあふれ、それと同時にたまらなく魅力的な音をつくっている才能を 認めざるを得ないでしょう。」

記事の全文はこちらからブロワード・パーム・ビーチ・ニュー・タイムズでリー・ツィマーマン筆

お誕生日おめでとう!

今日誕生日を迎えられるケイトさん、おめでとうございます! KateBushNews.com のみんなからの気持ちを捧げます。

これからもいくつものいいことが訪れますように!

ホームグラウンドの本と最新号

Homeground logo

ホームグラウンドの本のうち、完成した章はもう出版社に送りました。 この中には2006年までのストーリーがまとまっていて、1132ページあります。 これからこの素材をどのような本にしていくか、2巻に分けるかというような ことを話し合っていきます。

今は、この本の最後の2章にとりかかっています。 1つ目はエアリアルディレクターズ・カットの間のギャップを 埋める期間、2つ目はディレクターズ・カットなど今年起こったことを カバーしています。 ホームグラウンドの78号に出た内容と79号に入る内容を使います。

いま、79号の編集をしていますが、メッセージや寄稿を受け付けています。 特にディレクターズ・カットや宣伝、個人的メッセージなども 受け付けています。 いつものように、どれを切るかでなやむことになってきています。

エイミー・ベンダーが‘コーラル・ルーム’について

Coral

 

 

ライターのエイミー・ベンダーがグランタ・マガジンの依頼で、 自分にとって大事な、あるいは大事な思い出につながるような曲を5曲選んでいます。 その中の5番目の曲が、エアリアルの「コーラル・ルーム」でした。 グランタ・オンラインより:

Aimee Bender

「そうですね、これは昨晩1時ごろに思い出したんです。 ベッドで5曲選ぶことを考えながら、いろいろなCDのことを思い出していました。 思い出や喪失といったことについての最も深い曲で、私たちがいかに思い出に動かされ、 記憶が通り過ぎてゆくさまやそのはかなさなどが表現されています。 ケイトのほかの曲もそうですが、何回も聴いて初めてぐっと来るものがありました。 ケイトのお母さんに捧げた挽歌ですけれど、 1行目の "there is a city, draped in net" で、ケイトは記憶の中の人生と 現在とを峻別しようとしていて、その2つがぶつかっているような気がします。 これはぜったいにチャラチャラした音楽とは違うんですから! 傑作というべきものです。 "The city, and the spider" これが夢の世界、シンボルや神話の世界に出てくるキャラクターです。 でも後には変身して強い姿になっています。 よりどころを持って、人生のなかのある時に根付いて。 そしてそのような動きを見ながら、失われたものは戻らないということを思い知るのです。 ケイト・ブッシュにはたくさん信じられないほどすばらしい曲がありますが、 これはいままでの曲にはないほどすばらしいものです。」

スラグ誌: ディレクターズ・カットの詳細レビュー

Director's Cut inner sleeve artwork

良いレビューです。雑誌スラグ(ソルトレーク・アンダーグラウンド)でディーン・オヒリスが ディレクターズ・カットについてかなりポジティブなレビューを書いています。 これは北米でのレビューの中ではいちばん詳細な内容だと思います。 全文はこちらでお読みください。(ジョン・ウェストさんから)

追記: コリン・ケリーさんが、自分が書いたディレクターズ・カットの 詳しいレビューがソールドアウトに出ていると教えてくれました。 こちら で読めます。コリンさん、ありがとうございました。

オーストラリアの新聞記事 – ニューアルバム情報?

シドニー・スター・オブザーバーが、 EMIミュージックオーストラリアの会長、マーク・ポストンのインタビューを しています。 この最後のほうで、2011年後半にケイト・ブッシュのニューアルバムが 出るだろうとポストン氏が話しているところがあります:

「もちろん、ケイト・ブッシュのことですから確信はありません。 自分自身のペースで動く人ですから。」とポストンさんの言葉は少々控えめです。 「しかし、11月リリースに向けて準備をするように、とも伝えられています。」

記事の全文はこちらにあります。 ディレクターズ・カットに続いて新作アルバムが出るというのは、 今年いちばんのうれしいニュースになるかもしれません。 でもまだ公式のリリース発表ではありませんし、何年にもわたってこういう話は何度となく 出て来ましたし、ロンドンのEMIからはケイトについて何のニュースも聞いていません。 これはやはりケイト本人かEMIの発表を待たないといけません。 何か出たらいち早く皆さんにお伝えする予定です。

アンオフィシャルなケイトのDVD – メモ

最近発売された完全に非公式な「ケイト・ブッシュ: ライフ・オブ・サプライズ」と題した DVDを買った人たちからぽつぽつとメールを受け取っています。 この人たちが伝えてくれようとしていることはだいたい決まっています。 もし、同じ会社から出ている「ケイト・ブッシュ: アンダー・レビュー」と 「ハウンズ・オブ・ラブ: アンダー・レビュー」という2つの非公式DVDタイトルを すでにお持ちであれば、今度のリリースは単にこの2枚をセットにして パッケージし直しただけのものだということです。 お気をつけください。

発売中のクラシック・ロック誌でケイトのQ&Aが

Classic Rock magazine 雑誌クラシック・ロックの発売中の号に、Q&Aが出ています。 この雑誌は、インタビューをこのように評しています: 「アートロック界のファーストレディーが語る過去作品の復活、隠遁生活、ロイヤル・ファミリー」

ケイトは今度のアルバムの制作に古い機器を使っているという話をしています。 これはKB10という機械ですが、最近はファンの間では「骨粉」という愛称で呼ばれています。 これはマーク・ラドクリフのケイトのインタビューで、ピアノを弾いているときに 骨粉肥料の袋をピアノの上に置いておくと曲が良くなるという話をしたのが 元になっています。

ケイト:「手に入る限り古い機械を使っています。 作業に使っているのはアナログテープと真空管の機械ですけど、 あの時代の機械はいい音がするものが多いですね。」

現在発売中です。

ガウ・ハンター氏逝去 1960-2011

Gow Hunter 本日、悲しいニュースがありました。 ケイトの1986年のシングル曲「愛のかたち」のビデオで印象的だった俳優の ガウ・ハンターが昨日、51歳でなくなりました。 ガウは2007年から東京で振付とダンスをして生活をしており、 何冊か写真集を出しています。

公式バイオグラフィーより: 「クラシックバレエの訓練を受けたガウは、いろいろなバレエ団と仕事をしており、 テレビ、ビデオ、映画、劇場、オペラでさまざまな活動を精力的にしていました。 縁あって、パリ、ローマ、ジュネーブ、ソウル、ロンドンなど、さまざまな国に 住み、ケイト・ブッシュ、プラシード・ドミンゴ、 デビッド・ベイリー、ロバートレパージといった才能あるアーティストや監督とも 仕事をしています。 プロのダンサーとして成功を収めた後も、セントラル・セント・マーティンズ・スクール・ オブ・アート・アンド・デザインに入学し、そこでテキスタイルデザインの学位も 取っています。 彼のデザインはロンドンファッションウィークでのファッションショーも飾りましたし、 個展やテキスタイルアクセサリーのブランドもやっています。 ガウはあらゆる種類のクリエイティブな活動に情熱を傾け、 写真を趣味としていました。 ガウは2007年から東京に住み、日本の写真を撮って過ごすことで、いままでの写真を 撮りたいという気持ちを満たしていました。」

ご遺族の方々に哀悼の意を捧げます。

この下のビデオでは、 ケイトの「愛のかたち」のヒッチコック風のプロモーションビデオの中で、 誤って告発された男を優雅に演じているのを見られます。 この役にこれほどぴったりはまる俳優はいないでしょう。 すばらしい。

 

キャッチアップ#4: スピン誌でディレクターズ・カットに9/10点

アメリカのスピン誌で、ケイトのニューアルバムに 10点中の9点といういい評が出ています。 とりわけ、最後のまとめが良いです。「;…常に大胆なこの人の作品の中で一番シブい」 スピン誌がケイトの次の作品を私たちと同じぐらい待ち遠しく思っていることを期待しましょう。 レビューの全文は こちらから。 (ロス・ドラッカーさんより)

キャッチアップ#3: パディ・ブッシュがコリン・ロイド・タッカーのアルバムに演奏で参加!

Colin Lloyd Tucker - new album Inner Nutshell a) このところパディーの演奏があまり聞けない、b) コリンはなかなかすばらしい という2つの 理由で、これは良いニュースです。 コリン・ロイド・タッカーのニューアルバム、「インナー・ナットシェル」に パディーがゲスト参加しています。 2年以上に渡って製作中でしたが、やっとリリースです! アルバムやコリン自身のことについては、 こちらで。 新人さんのために…コリンとパディーは何年か前に、 スカイスクレーピングというアルバムで「ブッシュタッカー」として 共演していました。 コリンは、レッド・シューズにも参加しています。 ケイトとの共演については、こちらにも。(イアンさんからの情報でした)

 

キャッチアップ#2: ケイトのオフィシャルサイトがオープン!

もうみなさんお気づきのことと思いますが、ケイトのオフィシャルサイトで、 ショップのセクションがオープンになっています。 サイトではこう書いています:「ケイトがファンのために選んだ品々です。 これから何ヶ月かにわたって、アイテムを追加していきます。 ショップのオープンに当たって、 特製の壁掛け用プリントを 用意しました。これらはディレクターズ・カットのアートワークから取ったもので、 Katebush.com でのみ購入することができます。」 そして、ショップセクションでも、あのマッドドクターが私たちを迎えてくれます。

Kate Bush - shop

キャッチアップ#1: インタビュー・マガジン

Kate and kitty

さて、センシュアル・ウォークが終わってから2週間、お休みしてましたが、 やっとこちらにも復帰します。 いくつかお知らせが漏れていたことがあったので、ここからいくつか続けてキャッチアップの 投稿を出していきます。

ケイトは、北米でのディレクターズ・カットのプロモーションの一環で インタビュー・マガジンのインタビューを受けています。 アルバムのこと以外にも、亡き父、Dr ロバート・ブッシュの影響について 語っています。 「父はいつもピアノを弾いていました。 ガーシュウィンから何から、あらゆる種類の曲を弾いていました。 私が小さいころ、父はいつも私を応援してくれました。 小さいころにたくさん曲を作りましたが、いつも父がその曲を聞いてくれました。 そうしてくれることで、どの曲にも何か価値があるって思えるようになったので、 とても良かったですね。たいした曲でなくてもね。 いつも正直に、この曲はあんまりよくないとか、こっちの曲が好きだとか 感じたことを言ってくれました。 なによりも、曲を作ったら聞いてもらえるという、そういう時間を 作ってくれたということがありがたいですね。 父にはずっと見守られているという感覚があって、それがすばらしいですね。」

このほかにもリッキー・ジャーヴェィスレディー・ガガ などについても語っています。インタビュー全文は こちらから!

大成功のセンシュアル・ウォーク

The Sensual Walk 2011 ハウス・ヘッドで日曜日にやったイベントは大成功でした – (予報は良くなかったのですが)ハウス・ヘッドでは好天に恵まれて、 みんなでクリフウォークを楽しんだ後、ダブリンに向かってライブ演奏の 楽しい夜をすごしました。 プレーリー・ドーグス、ジェローン・セーゲマン、リッチャー・ザン・アストロノーツ、 マイク・スティーブンス、キャロル・キーオ、 バンド・アンド・キャプテンAのみなさん、ありがとうございました。 この日のケイト曲のラインナップは、少年の瞳を持った男、 クラウドバスティング、キング・オブ・ザ・マウンテン、こんにちは地球、神秘の丘、 愛のかたち、バブーシュカ、夢見る兵士など、どれもすばらしい演奏でした。 参加してくれた皆さん、そして、グルジアの聖歌をやってくれたトーマス・ダニングさん、 ありがとうございます!

関連宣伝: もし、今週末の土曜日、6月25日にダブリンにお越しなら、 センシュアル・ウォークに参加したバンドのうち2つを、 終日開催されるポピカル・アイランドのイベントで見ることができます。 このイベントは、昨年ダブリンのバンドが共同で出したコンピレーションアルバムの フォローアップとして開かれるものです。 イベントはウェランズで2:30から開かれますが、詳しくはこちらで。 この下には、ポピカル・アイランド2 のCDに入っているグループ(マイクとジェロンが参加してます)の アンの誕生日の音源を貼っておきます。

カナダでの新インタビューとマリアンヌ・フェイスフルの賛辞

最近忙しくて、なかなか更新できてなくてすみません。 もうすぐアメリカでのディレクターズ・カットの発売のときがやってきます。 カナダの週刊誌マクリーンズに、ケイトの新しいインタビューが でました。こちら。 この中で「リリィ」について語っている部分があります。 「…ケイトの実生活での恩人の一人、故リリィ・コーンフォードは ロンドンの高名な霊能治療師で、90年代にケイトと懇意になりました。 ケイトはコーンフォードさんについて『あんなに知的で素直で親切な人はめったに いません』と言っています。ケイトは、いろいろな色を見ることによって健康を 取り戻していくというカラーヒーリングをやっていました。 『リリィさんには本当に心を動かされました。彼女の強さと知識が感動的だったので、 曲にしたんです』― ケイト本人もすごい曲になったと思っているということです。」

Lily

インタビューアwのエリオ・イナッチは、歌手のマリアンヌ・フェイスフルにも ケイトについて聞いています: 「パリからの電話で、ケイトのファンとしても知られる マリアンヌ・フェイスフルさんはこう言ってくれました。 『ケイトの4オクターブの声は文化財といってもいいくらいです。 世の中で一番好きな楽器は女性の声ですけど、ケイト・ブッシュの声はその証拠の ひとつですね。これはもう、ストラディヴァリウスです。 だから、あまりメディアにも出ないし、レコードを出すのも急がないんでしょうね。 そういったところを超越している感じがします。』」

キャロル・キーオがセンシュアル・ウォークのイベントに参加

アイルランドのシンガーでプレーグ・モンキーズ、タイコ・ブレアや オートマタにさんかするキャロル・キーオが、 6月18日にダブリンのオデッサ・クラブで行われるセンシュアル・ウォークの 夜の部にソロで参加することが決まりました。 この日には他にキャプテンA、グルームのマイク・スティーブンスリッチャー・ザン・アストロノーツ、ウォルパーギス・ファミリーの ジェロイン・セーゲマンプレーリー・ドーグスが参加し、 音楽やケイト・ブッシュ関連のことで楽しむ予定ですが、彼女はケイト・ブッシュの曲もやると 言ってくれています。 詳しくはこちらで。

 

ダブリン・ガゼットではディレクターズ・カットを「すばらしい作品」とレビュー

ダブリン・ガゼット のニュースサイトで、ロブ・ヘイにケイトの新作の良いレビューが出ています。 そして、私が6月18日に計画しているイベントのことも書かれています。 こちらでどうぞ。

そしてダブリンのタワーレコードではベストセラー…

Tower Records, Dublin, June 1st 2011

グローバルアルバムチャートで7位!

いくつかのサイトにこのすばらしいランキングが紹介されていますが、 ディレクターズ・カットが グローバルアルバムチャートに7位で 入賞です! もういちど、フィッシュ・ピープルの皆さんにおめでとう!

このアルバムは、以下の国でトップ40にランクインしています: UK (2位), チェコ(4位), アイルランド (4位), オランダ (6位), ドイツ (11位), スウェーデン (12位), ノルウェイ (17位), スイス (23位), ポーランド (28位), フランス (34位), オーストリア (35位), ニュージーランド (38位)

Global album chart


USとカナダでディレクターズ・カットのアルバムがやっと発売に

Director's Cut

USとカナダのファンの皆さんは、高評価を得ているケイトの9枚目のスタジオアルバム ディレクターズ・カットを いままで長らく待ち続けていました。 やっと、お楽しみのことと思います。 オフィシャルサイトからの案内は、こうなってます:

残念ながら、北米のパートナー会社で、ディレクターズ・カットのディスク版の製造で 品質の問題が発生したため、CDとLPのリリースは、5月30日まで延期となりました。 .